最近、まわりでヨガを始めたという人が増えてきた。
やってみたら体にいいんだろうなぁとは思うんだけど、ちょっと面倒・・・。

でも、少し気になったので、ヨガについてインターネットで調べてみると、ナンだ、コレ?「指ヨガ」・・・???

指をクネクネ絡めるの? それとも指のストレッチ?
なんだかよくわからないので、「指ヨガ」を考案した深堀真由美先生に、直接聞いてきました!

座りながらできる基本ポーズだけで、体に血が巡る!

指のヨガって、一体ナンなの? ということで、
やってきたのは「深堀ヨガスクール」。

いろいろ聞いてみようと思ったけれど、百聞は一見にしかず。
さっそく、指ヨガの基本ポーズを教えてもらうことに・・・。

「まずは、左右の指先をあわせてください。手のあいだに、ボールが入っているような感じです」

先生の言う通りに、背筋を伸ばして、肩の力を抜いてみる。

座りながらできる『指ヨガ』ってナニ?

なんだか、これだけでリラックスしてくる。
いつしか顔もゆるんできて、アホ面に・・・(笑)

このときに、

座りながらできる『指ヨガ』ってナニ?

指先に力を入れすぎたり、

座りながらできる『指ヨガ』ってナニ?

指全体をあわせたりしてはダメ。

肩にすぐ力が入っちゃうので、これも意識しておきたいかな。

「次に親指同士を軽く押しながら、鼻で深呼吸。これをゆっくり2~3回、繰り返します。このとき、ほかの指には力を入れないでくださいね」

やってみると・・・
手がジワ~っと温かくなってきた!
手のひらにはうっすらと汗が! ちょっとしっとりしてきた。

「親指が終わったら、人さし指、中指、薬指、小指の順に同じことを行います。それが終わったら、5本指すべてを押して深呼吸」

指先はそれぞれ、体の部位に対応しているそうで、

  • 親指・・・・・顔やのど元。目の疲れなどに。
  • 人さし指・・・胸や腕。肩こりなどに。
  • 中指・・・・・脳や背中。眠気防止などに。
  • 薬指・・・・・お腹まわり。便秘・下痢などに。
  • 小指・・・・・足。足の冷えやむくみなどに。

こんな感じで効くのだそうだ。

だから、弱っている部位があったら、そこに対応する指を繰り返し行うと、より効果的だという。

「二日酔い」に効くポーズがある?

じゃあ"二日酔いに効くポーズ"
なんてのも、あるんですか!?

すると先生から「ありますよ」と、うれしいお返事!

まず、先ほどの基本ポーズをとります。
そして、足とお尻をしっかり固定して・・・

座りながらできる『指ヨガ』ってナニ?

腰をひねる。あとは基本ポーズのときと同じように、各指を押しながら深呼吸。これを左右で行います。

お腹周りに効く薬指を再度押し合うことで、さらに効果が上がります。

座りながらできる『指ヨガ』ってナニ?

こんなふうにすると、より効果的。

この格好で、肝臓の機能が整うんだとか。
飲む前でも、飲んだあとでも、どちらでも効果があるそうです。

仕事中に眠くなったら、このポーズ!

じゃあ、仕事中に眠くなっちゃったときなんかにいい"眠気防止のポーズ"なんてのは、あります?

「そんなときは、最初に行った基本ポーズで中指を重点的に行えば眠気防止になりますよ」

それでも眠いときは・・・

座りながらできる『指ヨガ』ってナニ?

こんなポーズがいいそうです。

肩の力を抜いて、指をあわせて深呼吸・・・おおー、肩や頭に血が流れてくる感じ!

足首やふくらはぎも、筋が伸びてピリピリする!

このポーズは、座ったままではできないけれど、オフィスの端でちょっとやれば、残業もつらくない!?

電車やオフィスでも簡単にできるので、サラリーマンに最適!

そもそも「指ヨガ」とは、「リリヤヨガ」と呼ばれる、古典ヨガを応用して深堀先生が作り上げたもの。

全身の血行をよくして、新陳代謝を高める効果があるのだそうだ。

その効果を測定してみたところ、血流は通常の約2.5倍、心拍は約2倍にまで上がったという。

基本ポーズを3セット行うと10分間のジョギングに相当するのだそうだ。

座ったままでできるから、通勤途中や仕事中、渋滞中の車内なんかでも、簡単にできちゃう。

体のことが気になる人は、ぜひチャレンジしてみて!

座りながらできる『指ヨガ』ってナニ?



さらに詳しく知りたい人は

深堀先生の著書「やせる!きれいになる!指ヨガ」を見てみて!

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(227本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事