2014年4月9日(日本時間)、ついにWindows XPのサポートが終了。

これを機にパソコンを買い替えたものの、新しいOSがまだ使い慣れないなんて方も多いと思います。

そこで今回は、引退したWindows XPに敬意を込めつつ、自分のパソコンを好きなOS風にカスタマイズする方法をご紹介!

※Windows 7での設定方法です。

Windows XPが名残惜しい・・・、テーマ変更でXP風に!

Windows 7を、慣れ親しんだXPや最新の8.1風にカスタムする方法

まずは、長年慣れ親しんだWindows XP風にカスタムする方法です。

  1. デスクトップ上の何もないところで右クリック。
  2. コンテキストメニューから「個人設定」をクリック(上図のようなウィンドウが立ち上がります)
  3. テーマの中から「Windows クラシック」を選択

これで完了です。早速、テーマ変更前と変更後のデスクトップを比べてみましょう。

<変更前>

Windows 7を、慣れ親しんだXPや最新の8.1風にカスタムする方法

<変更後>

Windows 7を、慣れ親しんだXPや最新の8.1風にカスタムする方法

この青色!懐かしいなぁ。そしてやっぱり落ち着きます。
この青色をバックに、いつも閲覧していた「侍魂」という人気テキストサイトの記憶がふと蘇ってきました。当時はブログなんて言葉はなく「テキストサイト」が主流でしたね。

そんなサイトを見るのに使っていたのは、もちろんInternet Explorer。ということで、Internet Explorerのウィンドウがどんな風に変わるのかも比較してみました。

<変更前>

Windows 7を、慣れ親しんだXPや最新の8.1風にカスタムする方法

<変更後>

Windows 7を、慣れ親しんだXPや最新の8.1風にカスタムする方法

そうそうそう、XPといえばこの青いタイトルバーですよ。カクカク感はまさにクラシック。

あまりの懐かしさに、しばらくはこの画面で過ごしてみるのもいいかもしれません。

フリーソフトでWindows 8風にする方法

Windows 7を、慣れ親しんだXPや最新の8.1風にカスタムする方法

続いては、Windows 8風にする方法です。

Windows 8は従来のWindows XPやWindows 7からインターフェイスをガラリと一新。フラットデザインとも呼ばれています。iPhoneのiOS7でも取り入れられたデザインですね。

そんなWindows 8の気分を味わう方法は、

  1. フリーソフト「WinMetro」をダウンロードする。
  2. ダウンロードしたZIPファイルを解凍後、「【WinMetro】ご利用いただく前に必ずお読みください.txt」の手順に従ってインストールする
  3. インストール完了後、デスクトップにつくられる「WinMetro」のショートカットをダブルクリック

これだけです。

Windows 7を、慣れ親しんだXPや最新の8.1風にカスタムする方法

初期設定では「Windowsスタートアップ時に自動起動」する設定になっていますので、以降パソコンを起動した際には、Windows 8風の画面が立ち上がってくれます。

いかがでしたか?
XP風にするもよし、8風にするもよし、今の気分に応じてぜひ上記の方法を試してみてください。
ちなみに、XP風にすると不要な視覚効果が無効になるため、パソコンの動作が軽くなることも期待できます。詳しくはこちらの記事「パソコンの動作を少しでも軽くする4つの方法」をご覧ください。

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(139本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック