スマホを使ってみたいけど、使いこなせるかどうかが不安・・・という人に朗報です!

ガラケーと同じように、二つ折りでダイヤルキーを備えたスマホが発売されました。格安スマホの「FREETEL」というブランドが2016年3月26日に発売した「MUSASHI」という機種です。

このMUSASHIには2つのディスプレイが搭載されています。本体を閉じているときは、フツーのスマホと同じように画面をタッチして操作でき、本体を開くと、従来のガラケーと同じようにダイヤルキーを押して電話をかけたり、メールを作成したりできる仕組みです。

MUSASHIの画面サイズは4インチ。スマホとしては小さい画面ですが、ガラケー(3~3.4インチが主流)よりも大きいので、ウェブページや地図などは見やすくなるはずです。

横幅は63.1mm。スマホとしてはスリムなので、片手でも楽に操作できます。背面には800万画素カメラを搭載していて、ボタンを押しても、タッチ操作でも撮影できます。

ほとんどの操作は、使い慣れたケータイと同じようにダイヤルキーやカーソルキー(十字キー)を押して行えますが、ときには、思いどおりに操作できず「あれ?」と悩むことになるかもしれません。スマホで使うアプリ(機能)は、タッチ操作を前提にプログラムされています。このため、アプリによってはダイヤルキーでは操作できず、画面をタッチする必要が生じます。

たとえば、ダイヤルキーで文字を入力する際は「OpenWnn日本語入力」というキーボードを使う必要があります。これを「Google日本語入力」など他のキーボードに変えると、「1」を押しても「1」しか入力できず、「あ」は入力できません。キーボードを切り替えるには、画面をタッチする必要が生じます。

Androidスマホに共通するアプリ「Gmail」を使う場合も、新規メールの作成画面を呼び出したり、メニューを表示したりするには、タッチ操作が必要になります。これを「手間」と呼ぶこともできますし、「徐々にタッチ操作を覚えられる」と肯定的に捉えることもできます。

MUSASHIのOSはAndroid 5.1で、スマホとしての基本機能はすべて使えます。パソコン向けのウェブページが見られて、音声検索ができて、Google Playストアからアプリをダウンロードすることもできます。もちろん「LINE」も使えます。

NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの各社は「ガラホ」と呼ばれるAndroidを搭載したケータイを発売しています。しかし、それらの端末は、あくまでも「ガラケー」で、「スマホ」ではありません。画面をタッチして操作することはできず(一部機種は、ダイヤルキーをタッチする操作が可能)、Google Playストアに対応していないので、自分が好きなアプリを追加することもできません。

MUSASHIはSIMロックフリーであることも利点。最近じわじわと人気を集めている「格安SIM」で使えるんです。

端末価格は2万4,800円(税抜)。大手キャリアが販売するスマホに比べると、かなりお手頃です。現在ガラケーを使っていて、スマホに挑戦してみたい人は、まずMUSASHIを試してみて、タッチ操作に慣れてから、一般的なスマホにステップアップするのもいいかもしれませんよ。

■BIGLOBEの格安SIMが選ばれている理由 (PR)

携帯電話会社に比べて通信料金がかなり安く、近年乗り換える人が増えている格安SIM。BIGLOBEの格安SIMも以下の理由で多くの方にご利用いただいています。

・利用エリアはNTTドコモと同じで安心
・余ったパケットは繰り越せて無駄がない
・国内通話料が従来の半額になる「BIGLOBEでんわ」で通話もお得
 さらに「BIGLOBEでんわ通話パック60」なら60分までの通話を月額650円(不課税)でもっとお得
・ライトSプラン、12ギガプランなら、全国80,000ヶ所のWi-Fiを無料で使える

インターネットプロバイダとしての長年の経験と高い技術力で、安心・安全に格安スマホをご利用いただけるようサポートいたします。

ピックアップ

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。

記事(39本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事