いつ雨が降ってもいいように、カバンの中に忍ばせている折り畳み傘。でも、いつもクルクルッと適当に畳んでしまうので、見た目が汚く、何となく気分が悪い。

そこで、どうにかキレイに畳めないかとインターネットで調べてみたところ・・・ありました! プロが教える上手な畳み方が!

でも、4分以上ある動画だったので、少々まどろっこしくておさらいもしづらい。というわけで、画像で簡潔にまとめてみました!


慣れれば2分でキレイにまとめられる!


まず初めに閉じた傘をよく振って、生地のヨレを直す。



次に中棒を縮めるのだけれど、露先を取っ手に装着しないように、少しだけ伸ばしておく。



そして骨と露先をつかんで、生地の折り目に沿って形を整え、ヨレを1枚ずつ直していく。



生地を整えたら、傘を閉じるためのヒモがついた部分をいちばん上にする。



傘の向きを変えて先端をつかむ。そして生地を本のページをめくるように送っていく。



4枚めくったところで止める。



このとき残っているのは2枚(傘にもよるけれど・・・)。これを「東京の2枚残し」というそうだ。関西では「3枚残し」なのだとか。



2枚残した状態から傘をまわし、生地を巻いていく。



そしてヒモで止める。生地がクシャクシャにならず、スリムに畳めているはずだ。



最後に取っ手に露先を納めれば完成! あとはケースに収納するだけ。

この作業、慣れれば2分ほどでキレイに行えるそうだ。今度雨が降ったらぜひ、挑戦してみて!

ちなみに、動画が気になる人は「携帯傘の畳み方」をチェックしてみて!

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(227本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事