新生活で住む場所、あるいは通勤・通学経路が変わると、慣れるまで移動には気を使いますよね。慌ててなんとかバスの発車時刻ぴったりにバス停に到着。でもバスが来る気配がない......。もしかしてもう行っちゃった?

こんなときのために、利用する路線バス会社が位置情報の確認サービスを提供していないか、あらかじめチェックしておくとよいかもしれません。

路線バス運行会社がバスが今どこにいるかを公開

地域にもよりますが、最近では公共交通機関として運行される路線バスの車両にGPSを搭載し、その位置情報を一般に公開している会社もあります。

例えば筆者が住んでいる宮城県仙台市で路線バスを運行する会社のひとつ、仙台市交通局では「どこバス仙台」というWebサイトからバス(車両)の現在地が調べられます。

バスの位置情報確認サービスがどういったものなのかを理解してもらうための参考として、この「どこバス仙台」の利用方法を説明しますね。

操作はとてもシンプルで、乗車するバス停(①)と降車するバス停(②)を入力し、[バス接近情報(③)]を押すだけです。

すると乗車するバス停へこのあと到着するバス(車両)について、どこ行きのバスかという「系統情報」、いくつ前の停留所まで近づいているかという「接近情報」が確認できます。

画面右上の[バス位置情報]を選ぶと、地図上に、バス停に接近している車両の位置を表示することも。

また仙台市交通局の場合は、表示するバス車両の色によって、車両内の混雑状況もわかるつくりとなっていました。

調べてみると、同様のサービスをWebサイト、あるいは専用に開発したスマホ用アプリを通じて提供しているバス会社も見つかります。いずれのサービスであっても、まずは運行会社のWebサイトを探し、そこから辿っていくと発見しやすいですよ。

もちろんすべての路線バス運行会社がこういったサービスを提供しているわけではありませんが、内容はかなり便利に使えることがわかってもらえたと思います。

これからはじまる新生活にワクワクする一方、慣れない土地に不安もある。そんな人はとくに、少しでも不安を解消できるツールとして、似たようなサービスが提供されていないか確認してみるとよいのではないでしょうか。

関連記事

Googleマップの「自転車」ルート検索ができないのはなぜ?
Googleマップのルート検索に高速バスが追加
Suica決済が便利な「ApplePay」を使ってみた!

ピックアップ

まきはら とよかず

1986年生まれ。仙台在住。スマートフォンをはじめとする「ガジェット」に関心を持つフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品で個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

記事(23本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック