最近よく聞く「ベゼル」を示すスマホを持つ手

新しい技術を採用した機種が次々と発表されるスマートフォン。
そんななかでも最近とくに、機種の特徴を説明する際に使われるケースが増えているのが「ベゼル」という単語。

いわれてみると「スリムベゼル」「ベゼルレス」なんて言葉は目にしたり、耳にしたりしたことがあるかも......。
でも、それって何のこと?

今後のスマホ選びで重要なポイントのひとつとなってくるであろう「ベゼル」について、復習しておきましょう。

「ベゼル」は画面周囲の枠のこと

ベゼル(Bezel)という単語は英語で「枠(わく)」「縁(ふち)」といった意味を持ちます。

スマートフォンやタブレットにおいてはディスプレイの周囲を囲む場所を示して使われる単語です。

下の写真を例に見ると、ディスプレイ周囲のエリア(白い部分)一帯をベゼルと呼びます。

最近よく聞く「ベゼル」が何かを示す白のスマホ

ベゼルは何のためにあるの?

ベゼルの主な役割はディスプレイの保護、あるいは外装の強度を確保すること。基本的に操作や表示などの役割は持ちません。

最近のスマートフォンは、多くの機種でディスプレイを保護する素材にガラスが使われています。
傷への耐性を備えるガラスですが、落下時に直接衝撃が加わると割れやすいといった弱点も。

これを補うため、落とした際に真っ先に衝撃をうけやすい角の部分にはベゼルを設け、ディスプレイを保護しています。

大きくなりすぎても難点が......

また多くのスマホではベゼル部分にマイクや物理ボタン、サブカメラ(自撮りカメラ)、センサー類を配置。
こういった装置を収める場所としても活用されています。

一方でベゼルの幅や面積がムダに広くなると、それだけディスプレイ周囲に何もないスペースが増えることに。結果として端末の本体サイズが大きくなってしまいます。

これは逆にいえば、ベゼルを上手に狭く設計できれば、大きなディスプレイを搭載しつつ、スリムで持ちやすい端末が実現できるともいえます。

例をあげると、最近ではSamsungが最新機種「Galaxy S8/Galaxy S8+」でベゼル面積を大きくカットした新デザインを採用。

下の写真はGalaxy S8+の実物ですが、大きなディスプレイと持ちやすさの両立に成功していることが見た目にもわかります。

最近よく聞く「ベゼル」って何かを示すGalaxy S8+の実物

また2017年9月に発表されたApple最新のiPhone「iPhone X(アイフォーン・テン)」でも、ベゼルを大きく省いたデザインが採用され注目を集めています。

今後のスマホの「ベゼル」、注目ポイントは?

ディスプレイサイズは最近どんどん大型化の傾向に。

一方で、大きくなりすぎて携帯性が悪くなると、そもそも「"携帯"電話」という根本がおかしくもなりますね。

そこで「大きな画面をいかにコンパクトに搭載できるか」がこれからさらに注目ポイントになっていくことでしょう。

とはいえ先ほども触れたとおり、ベゼル部分には多くの装置が配置されることも多く「よし狭くしよう!」と簡単に面積を狭くすることはできません。

つまりは各メーカーの腕の見せどころに。

今後新しいスマートフォンをチェックする際にはぜひ、「ベゼル」の存在にも注目してみてください。

関連記事

i今さら聞けない。「デバイス」ってなに!?
機種変更時の参考に!スマホの「DSDS」って何?
「VR」ってなに?

ピックアップ

まきはら とよかず

1986年生まれ。仙台在住。スマートフォンをはじめとする「ガジェット」に関心を持つフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品で個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

記事(23本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック