メールにファイルを添付するとき、「このサイズ、送っても大丈夫かな・・・」と迷うこと、ありませんか?

メールに添付するファイルは、どれくらいの容量までOK?

送信できるか否かは利用しているプロバイダにもよりますが、仮に送信できるとしても、相手がストレスなく受け取れるかどうかは別問題。サイズの大きいファイルを送って(送られて)、送受信に支障をきたした経験がある人もいるかと思います。

では、添付ファイルの大きさは、どれくらいのサイズまでならOKなのでしょう?

添付するファイルのサイズは2MBまでが無難!

一般的に、メールに添付するファイルの容量は2MBまでがマナー、と言われています。

ファイルのサイズが大きすぎると、たとえば画像の場合、全て表示させるのに時間がかかるなど、相手がストレスに感じることもあります。

それ以前に、ファイルのサイズが大きすぎて、相手に届かないケースも。多くのプロバイダは、送受信できるファイルのサイズに制限を設けているからです。

テキストファイルや、画像を使っていないWordファイルくらいなら大した容量にはなりませんが、PDFやPowerPointのファイル、音楽や動画ファイルはサイズが大きくなりがちなので、注意が必要です。

画像については、サイズの小さい画像を数枚送るくらいなら問題ないでしょう。が、デジカメで撮った高画質の画像には要注意。今は高画質のデジカメが増えているので、写真1枚のサイズが3MB、というも珍しくありません。

見てもらいたいからと、ついつい何枚も添付したら10MBを超えていた・・・! なんてことはよくある話です。

メールにファイルを添付する際は、送信前にサイズを確認する習慣をつけるといいですね!

メールに添付するファイルは、どれくらいの容量までOK?

※「Windows Live メール」の場合、添付した際にファイル名の後ろに容量が表示されます。この場合、約5MBのサイズが添付されているということになります。

大きなファイルを送信するには、ファイル転送サービスが便利

でも、どうしてもサイズの大きいファイルを送りたいケースもありますよね。

そんなときは、オンラインストレージのファイル転送サービスが便利です! 
代表的なサービスに「宅ふぁいる便」や「データ便」などがあります。

ファイルをオンラインストレージにアップロードし、送りたい相手にはそこからダウンロードしてもらうという仕組み。利用料は無料、使い方も簡単なのでオススメですよ。

他にも、画像のサイズを小さくして送る方法もあります。その場合は、こちらの記事「写真の容量を小さくする方法」を参考にしてみてくださいね!

ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック