動画共有サイト「YouTube」を閲覧している時、動画の音声が小さい、聞こえない、途切れる・・・などで困る時がありませんか。そんな音声トラブルの原因と解決方法を集めてみました。

YouTubeのボリュームをあげる

YouTubeで動画を再生して「音が小さいなあ」と思ったら、まずはYouTube再生画面上のスピーカーをチェック。ポインターをスピーカーのマークに持っていくと、音声ボリュームが調整できます。これが「消音」になっていたり、ボリュームが小さくなっていると、音が聞こえません。

YouTubeの音声が途切れる、小さい、聞こえない、の解決まとめ

パソコン内蔵スピーカーの音量をあげる

他にありがちなのは、パソコン内蔵スピーカーの音声が小さくなっていること。

タスクバーの通知領域にスピーカーのアイコンが表示されているなら、アイコンをクリックします。

アイコンがない場合は、[Windows]キー→[コントロールパネル]をクリック。
次に、[ハードウェアとサウンド]→「サウンド」項目の[システム音量の調整]をクリックし、「デバイス」枠内の音量スクロールバーを調整して音量を変更して閉じればOK。

YouTubeの音声が途切れる、小さい、聞こえない、の解決まとめ

「YoutTubeのスピーカーを最大音量にしているけど、音が聞こえにくい」という方も試してみてくださいね。

パソコン本体のボリュームをあげる

意外と見落としやすいのが、パソコンの本体についている音量をいじってしまっているケース。

YouTubeの音声が途切れる、小さい、聞こえない、の解決まとめ

ノートパソコンの場合は、側面に音量調節つまみがついていることがあり、気付かないうちに音量が最小になっていることが多いです。

また、外付けスピーカーの場合は、外付けスピーカーがしっかり接続されているか、音量がオフ、もしくは小さくなっていないかチェックしてみましょう。

Adobe Flash Player のバージョンを最新版にする

動画を見ていると音声が途切れる、という方。Adobe Flash Playerのバージョンが古くなっていると、音声が途切れる現象が起こることがあります。まずは、お使いのAdobe Flash Playerのバージョン確認を行ってみましょう。

サイトにアクセスすると、使用しているFash Playerのバージョンと、最新バージョンが表示されます。

もしも、古いバージョンのまま使っていたのなら、最新版にアップデートすることで音が途切れる問題を解決できるかもしれません。

Adobe Flash Playerの最新版を更新する

「Google Chrome」内蔵のFlash Playerプラグインを有効にする

「Google Chrome」のブラウザを使用時に、YouTubeが表示されない場合は、Flash Playerプラグインが無効になっていると考えられます。

Chrome内蔵のFlash Playerを有効にすることで、YouTubeが見られるようになるかもしれません。

  1. アドレスバーに 「chrome://plugins」 と入力し、「プラグイン」ページを開きます。
  2. 「Google chrome」に埋め込まれているプラグインが一覧表示されますので、この中からFlash Playerを探し、「有効にする」に設定してブラウザを再起動すればOK。

YouTubeの音声が途切れる、小さい、聞こえない、の解決まとめ

ハードウェアのスペックが合っていない

「YouTube」で閲覧できる一部のプレミアムコンテンツは、最適なストリーミング速度を確保するために、高速接続と高い処理能力が必要となります。

これらのコンテンツには推奨OSが設けられているため、音声が途切れたり、音が聞こえづらいという症状がある方は、お持ちのパソコンのOSと、推奨OSのスペックが合っているか確認してみましょう。

You Tubeの動画を見るのに必要な環境と推奨スペックについては、コチラで確認できます

いかがでしょうか? 音に関するトラブルが起こった時は、順番にチェックしてみてくださいね!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック