Word文書を複数人でやりとりをしていると、文書に変更があった場合、どこがどのように直されたのかわからなくて混乱することも・・・。そんな事態を防ぐために「変更履歴」を使ってみましょう! この機能なら、修正・変更箇所が一目瞭然ですよ。

※記事では「Microsoft Word2007」を使用しています

Wordの変更履歴の使い方

Wordファイルを開き、画面上部にある「校閲」タブを選択します。「変更履歴の記録」アイコンにある▼をクリックして、「変更履歴の記録」をクリック。

文書を編集・校正をする時は、Wordの「変更履歴」機能を使うと便利です!

その右にある「変更履歴とコメントの表示」の▼を押すと、「書式設定」や「挿入と削除」など、表示したい変更履歴の項目が選べます。

文書を編集・校正をする時は、Wordの「変更履歴」機能を使うと便利です!

その後、文書に変更を加えると、元の文章をどのように変更したのかが一目瞭然です。

文書を編集・校正をする時は、Wordの「変更履歴」機能を使うと便利です!

「校閲」タブのすぐ下にある「最終版(変更箇所/コメントの表示)」の横にある▼をクリックすると文書の変更の表示方法が選択できます。

文書を編集・校正をする時は、Wordの「変更履歴」機能を使うと便利です!

・「最終版(変更箇所/コメントの表示)」→全ての変更記録が表示されます
・「最終版」→変更を反映した後の最終版の状態が表示されます(変更履歴の詳細は表示されません)
・「初版」→変更前の文書が表示されます

変更履歴を記録しないようにしたい場合は、「校閲」タブにある「変更履歴の記録」アイコンにある▼をクリックして、「変更履歴の記録」のチェックを外せばOK。

ファイルを送る時に、相手に変更履歴を見られたくない場合

注意したいのが、変更履歴をオンにしたままファイルを送ってしまうと、送り先でも変更履歴を閲覧できてしまうこと。ファイルの変更履歴を相手に見られたくない場合は、下記の操作をしてください。

  1. Word2007 の左上にある Office ボタンをクリックし、メニューの「Word のオプション」ボタンをクリック。
  2. 「Word のオプション」画面の左メニューより、「セキュリティセンター」を選択。
  3. 画面右にある「セキュリティセンターの設定画面」ボタンを選ぶ。
  4. 「セキュリティセンター」画面の左メニューから「プライバシーオプション」を選ぶ。
  5. 画面右の「ドキュメント固有の設定」の中から「ファイルを開くまたは保存するときに、非表示になっている変更履歴/コメントを表示する」のチェックを外す。
  6. 「校閲」タブから、文書を「最終版」の表示に切り替え、少し変更を加えてから (例:スペースをいったん入力して、すぐスペースを削除する、など、内容に差し支えのない変更)「上書き保存」をする。

文書を編集・校正をする時は、Wordの「変更履歴」機能を使うと便利です!

これで、ファイルを開くと「最終版」だけが表示されるようになります。

Wordの文書作成・編集をされる方はぜひ試してみてくださいね!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック