Windowsの神モードで設定メニューが超簡単に呼び出せる

神モードって何?

神モードは、Windows10でいろいろな設定をしやすくするための機能です。

Windows10では、各種設定を行うコントロールパネルがすぐ見えるところにありません。「設定」は別にありますが、コントロールパネルにしかない項目も多いので、これまでコントロールパネルに親しんできたユーザーには少し不便なときがあります。そこをカバーしてくれるのが「神モード」です。

「神モード」と言っても、動作するモードが切り替わるわけではありません。コントロールパネルへのアクセスがしやすくなるショートカットがデスクトップにできるのです。「神モード」という名前は、英語版のWindowsで「GodMode」と呼ばれているのを訳したものでしょう。

神モードの設定方法と使い方

神モードのショートカットは自分で作成する必要があります。

神モードの設定方法

1.デスクトップ上の何もないところで右クリックします。すると、コンテキストメニュー(右クリックで表示されるメニュー)が表示されます。

2.コンテキストメニューの「新規作成」にマウスカーソルを合わせると、サブメニューが表示されます。

3.サブメニューの「フォルダー」をクリックすると「新しいフォルダー」がデスクトップに作成されます。

Windowsの神モードで設定メニューが超簡単に呼び出せる

4.フォルダー名をクリックし、F2キーを押すと名前を変更できます。フォルダ名を「神モード.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」に変更します。5.アイコンがコントロールパネルの形に変わります。これで「神モード」が作成されます。

Windowsの神モードで設定メニューが超簡単に呼び出せる

注意

フォルダ名の{ }内は、Windowsのレジストリ内のコントロールパネルへのパスの値です。そのままコピーしてください。

「神モード」部分は好きな単語でも問題ありませんが、{ }内を変更するとただのフォルダ―になってしまいます。

神モードの使い方

1.神モードのアイコンをダブルクリックします。

2.コントロールパネルで設定できる項目が一覧の形で表示されるので、必要な設定を行います。

Windowsの神モードで設定メニューが超簡単に呼び出せる

表示される設定項目は、Windows Defender、Windowsファイアウォール、インターネットオプション、バックアップと復元など、コントロールパネルにあるような項目です。
それぞれの設定項目が機能別に分割されておらず、1つのフォルダ内ですべての設定項目を見ることができます。

神モードのメリット

神モードを利用すると、次のようなメリットがあります。

設定へのアクセスが楽になる

神モードを作成することで、コントロールパネルでできる設定に1クリックでアクセスできます。
通常の手順では、まずはコントロールパネルにアクセスし、欲しい設定のフォルダを2つか3つ開いてから設定を行う、という手間がかかるのに比べて、かなり楽にアクセスできるのです。

どういう設定ができるのかがわかりやすい

設定項目がフォルダに分かれておらず、一覧になっていることで、設定できる項目がどれなのかが一目でわかります。
目的の設定項目があるのかないのかわからないまま、探し回る必要がありません。そこにない項目は設定できない、とはっきりわかるのはとても便利です。

神モードは、実はWindows7の頃からありました。しかし、Windows7ではそもそもコントロールパネルにアクセスしやすかったので、あまり気にされていませんでした。
Windows10になってからはコントロールパネルへのアクセスがしにくくなったので、よりスマートに使いこなしたいならぜひ神モードを作成しておくことをおすすめします。

関連記事

Windows10の知っておきたい用語まとめ
使いこなせば仕事の効率アップ!Windowsの便利なショートカットキーまとめ
Windows10で拡張子の関連付けを変更する方法

ピックアップ

成瀬京子

WebマーケティングやAIを主に扱うIT専門ライターです。ガラケー時代からの携帯・ガジェットマニアですが、なぜか仕事になりにくいのが悩みです。

記事(21本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック