Windows 8から 8.1にアップデートする方法

Windows 8を使っているけど、いまいち使い勝手が良くない。と思っている方は、8.1にアップデートしてみてください。

Windows 8.1にアップデートする前に、まずは使用しているパソコンがWindows 8であることを確認しましょう。
バージョンは、「スタートメニュー」から確認できます。

Windowsのバージョンを確認する

スタート画面左下にカーソルを持っていき、右クリックすると、スタートメニューが表示されるので、「システム」を選択します。


「システム」画面の「Windowsのエディション」欄の表示でバージョン8か8.1かが識別できます。Windows 8の場合、8.1に無料でアップデートできます。
Windows 7からWindows 8.1にアップグレードするには、 こちらのサイトでダウンロード版を購入するか、店頭などでWindows 8.1のDVDを購入する必要があります。

Windows 8からアップデートする

スタート画面の「ストア」タイルをクリックします。
「ストア」画面が表示されるので、その中から「Windowsのアップデート」タイルをクリックします。


「ストア」画面にアップデートタイルが見つからない時は、Windows Updateから、最新の更新プログラムを入手しましょう。Windows Updateは、画面左下隅を右クリックすると表示される[コントロールパネル]からアクセスできます。

Windows 8.1のダウンロード画面が表示されるので、[ダウンロード]ボタンをクリック。ダウンロードが開始されます。
ダウンロードが終了したあと、パソコンの再起動を促す画面が表示されるので、再起動を行います。再起動後、「ライセンス条項」に同意してサインインすると、Windows 8.1のダウンロードが完了します。

Windows 8.1はここがすごい!

1.「シャットダウン」「再起動」を簡単に実行できる

Windows 8.1では、8にはなかった[スタート]ボタンが復活しました。[スタート]ボタンを右クリックして「シャットダウン」「再起動」が簡単に実行できるようになりました。

2.検索機能でウェブサイトにいつでもアクセスできる

カーソルを画面右側へ持って行くと表示される「チャーム」には検索機能があります。Windows 8では、アプリやファイルのみ検索できましたが、8.1ではウェブサイトの検索もできるようになりました。

3.最大4つのアプリを表示でき、それぞれの画面サイズも変更できる

Windows 8では、同時に表示できるアプリは最大2つで、画面のサイズを自由に変更できませんでした。8.1では、同時に表示できるアプリは最大4つになり、それぞれの画面サイズを作業に応じて自由に変更できるようになりました。
Windows8が使いにくい…とお悩みの方は、ぜひWindows8.1へバージョンアップしてみてください。

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

あなたにオススメ
Recommends