Windows 8.1で、パソコン起動時にデスクトップが開くように設定したい

Windows 8.1を起動した時に、「デスクトップ」画面が表示されるように設定する方法を紹介します。

Windows 8.1を起動して最初に戸惑うのが、スタート画面ではないでしょうか?
Windows 8.1では、起動直後に「スタート画面」が表示されるのが標準ですが、これまで使い慣れている「デスクトップ」画面に設定することもできます。方法をご紹介します。

起動直後の画面をデスクトップに設定する

スタート画面の左下にカーソルを持っていくと表示される[スタート]ボタンを右クリックし、「コントロールパネル」を選択します。

「コントロールパネル」画面が開くので、「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。

「デスクトップのカスタマイズ」画面の「タスクバーとナビゲーション」をクリックします。

「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」画面の[ナビゲーション]タブを開きます。
[2]の赤枠で記した「サインイン時または~」にチェックを入れ 、[OK]を選択します 。これで、パソコンの起動直後、デスクトップが開く設定になりました。
使い慣れた見た目や操作でWindows 8.1を使いたい方は、ぜひ設定してみてください。

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

あなたにオススメ
Recommends