Windows 8.1で、よく使うアプリをデスクトップから起動させる方法

Windows8.1でよく使うアプリを、デスクトップのショートカットとして配置する方法を紹介します。

使用頻度の高いソフトは、デスクトップ上にショートカット(※1)を作成しましょう。デスクトップから、簡単にソフトを起動できるようになります。
※1:ショートカットとは、開くのに時間のかかるソフトやフォルダーに簡単にアクセスできる仕組みのこと。デスクトップに置いたショートカットアイコンからアクセスすれば、簡単にソフトやフォルダーを開くことができます。

ソフトを検索する

ショートカットを作成したいソフトを検索します。画面右側にカーソルを持っていくと表示される「チャーム」から「検索」をクリックします(画面がスタート画面でもデスクトップでも可能)。

「検索」欄にショートカットを作成したいソフトの名前を入力します(ここでは、「word」)。

目的のソフトを右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリックします。

ソフトのあるフォルダーが開くので、目的のソフトを右クリックし、「ショートカットの作成」を選択します。

ショートカットをデスクトップに作成する注意書きが表示されるので、[はい]を選択します。

デスクトップ上にショートカットが作成され、簡単にソフトを起動できるようになりました。

タスクバーからソフトを起動できるようにする

デスクトップにあるショートカットアイコンを選択したままタスクバーまでドラッグします。タスクバーにショートカットが置かれた状態になるので、タスクバーから簡単にソフトが起動できるようにります。
よく使うソフトをすぐに起動できるので作業効率がUPします。ぜひお試しください。

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

あなたにオススメ
Recommends