Windows 10の「動的ロック」が便利!スマホがパソコンから離れるとロックされる

プライベートでも仕事でも、大切なデータを扱うパソコン。そのパソコンをスマホとBluetoothでコネクトすることで、スマホがパソコンから離れただけで自動でロックできる機能があるのをご存知でしょうか。

Windows 10に搭載されている、「動的ロック」という機能をご存知でしょうか。
動的ロックとは、パソコンとスマホなどのデバイスを接続することで、デバイスがパソコンから離れた際に、自動でパソコンにロックをかけられる機能です。Windows 10の設定からとても簡単に設定可能で、Bluetooth対応のパソコン・スマホをお持ちであればすぐにでも利用可能です。ついついパソコンにロックをかけずに離席してしまう、という方には特におすすめです。

動的ロックの設定方法

1.「スタートボタン」 > 「設定」の順にクリックします。
  ※スタートボタンとは、画面左下のWindowsロゴです。

2.アカウントをクリック。

3.「サインインオプション」の「動的ロック」にある、上記のチェックボックスをオンにします。

4.「Bluetoothとその他のデバイス」をクリックします。

5.下記の「+」ボタンをクリックします。

6.「Bluetooth」をクリックします。

7.ペアリングしたいスマホかタブレット端末を選択します。

8.「デバイスの準備が整いました!」の表示を確認し、「完了」をクリック。
(同時にこの黒いウィンドウは閉じられます)

9.画面左上の「戻る」ボタンをクリックし、サインインオプションの設定画面へ戻ります。

10.下記の赤枠の通りに

  • 「その場にいないときにWindowsデバイスを自動的にロックすることを許可する」にチェックがついた状態
  • PCとデバイスがつながっている状態

となっていれば設定は完了です。

実際にパソコンから離れてみよう

早速ためしてみました。
接続したデバイス(筆者の場合はiPhone)を手に持ち、パソコンから離れます。

すると、このようにパソコンが自動的にロックされました。これはいいですね。
参考までに紹介すると、Microsoftのサイトの案内には、

  • Bluetoothの範囲はデバイスによって異なる
  • Bluetoothの届かないところまで到達してから約1分ほどでロックがかかる

とあります。
実際に、筆者が自宅で試した感触としては、例えば同じ5メートルでも、パソコンとデバイスの間に障害物があれば動的ロックがかかり、障害物がなければロックはかかりませんでした。また、ロックがかかるまでの時間はほんの20秒ほど、Microsoftのサイトでいう「約1分」よりも半分以上も早い結果となりました。パソコンの前に自分がいない状態が短いに越したことはないので、この反応が早い分にはありがたい誤算ではないでしょうか。
大切なデータやパソコンの乗っ取りを防ぐためにも、Bluetooth対応のパソコンとデバイスをお持ちの方は、Windows 10のこの「動的ロック」をぜひ試してみてください。

関連記事

Windows10に買い替える前に知りたい、8つの特徴
Bluetooth非対応のパソコンを、たった数百円でBluetooth対応にする方法
iPhoneのパスコードは4ケタである必要はない?実は1ケタでも設定できる!

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

あなたにオススメ
Recommends