一眼レフカメラからWi-Fiでスマホに瞬間転送。この機能、便利すぎて涙出る

この年末、海外で年越しを迎えるべくドイツへ行ってきました。この旅行のためにカメラをキヤノン「EOS 70D」に新調したのですが、最近のカメラはすごいですね!

10年ぶりに買い換えたこともあり、時代の進化に度肝を抜かれてしまいました。

これはすごい! 一眼レフからスマホやタブレットへのダイレクト転送機能

一眼レフカメラからWi-Fiでスマホに瞬間転送。この機能、便利すぎて涙出る

中でも最も重宝しているのが、一眼レフからスマホやタブレットへ画像をダイレクトに転送できるWi-Fi機能です。カメラ本体がWi-Fiの親機となるため、Wi-Fi網のない場所にいても転送することができます。

これまでは、一眼レフカメラで撮った写真を、帰宅後にパソコンに一旦取り込む作業が必要でしたが、長い旅行で写真が何千枚にもおよぶと、パソコン取り込みに時間がかかったり、写真取り込みそのものが億劫に感じられたり・・・と、帰宅後のわずらわしい作業のひとつと感じていました。

ですが、そんなわずらわしさからもついにおさらば! 「旅行しながらにして、写真整理はほぼ完了した」と言っても過言ではないのです!

どうやってWi-Fiで接続するの? 方法は?

僕が購入したキヤノンの「EOS 70D」における、Wi-Fi接続イメージをざっくり説明すると、

  1. スマホ(タブレット)に専用アプリ「EOS Remote」をインストール。
  2. カメラ側からWi-Fi転送を「使う」に設定し、カメラのWi-Fiのニックネームや接続方法を決める(Wi-Fi接続用のパスコードが表示される)。
  3. スマホのWi-Fiをオンにし、カメラWi-Fiに接続する(2のパスコードの入力が必要)。
  4. スマホのEOS Remoteを起動し、カメラとペアリングする。
  5. カメラ側にて設定完了表示が出るので、「OK」を押して設定内容を保存する。
  6. EOS Remote上で「カメラ内画像の表示」をタップ。
すると、、、

一眼レフカメラからWi-Fiでスマホに瞬間転送。この機能、便利すぎて涙出る

この通り!さっき撮ったばかりの写真が、サムネイルでスマホ側にも表示されました。うおー、これはすごいーー!

しかも、Wi-Fi接続したまま写真を撮り続けることができて、撮影するたびにスマホに転送されてくるではないですか!!  なんというダイレクト感。ありがとう、Wi-Fi転送!

一度使ったらその便利さから抜け出せない、Wi-Fi転送の4つのメリット

カメラを購入したてほやほやですが、いざ使用してみて「ああ、これは便利!」と実感できた4つのメリットをご紹介したいと思います。

一眼レフカメラからWi-Fiでスマホに瞬間転送。この機能、便利すぎて涙出る

<利点1:一眼レフで撮影した写真も、すぐにSNSアップができる!>

いい写真を撮りたいからわざわざ一眼レフを持ってきているのに、その写真は家に帰ってパソコンに落としてからでないとFacebookに投稿できません。ましてやインスタグラムに投稿するためには、そのあとさらにスマホに転送してからアップ、ということになります。

結果、今すぐ投稿したいという理由で、スマホで写真を撮ってSNSへアップ。

アップロードしながらも、「あぁ、一眼レフの写真のほうが、もっとみんなにいいね!してもらえそうなのに」なんて思っている方は、このWi-Fi転送を手に入れてしまえばそんなヤキモキから卒業できます。

「家に帰って一眼レフ写真を取り込んでSNSアップ」までのタイムロスをなくしてくれるのが、このWi-Fi転送の大きなメリットなのです。

<利点2:iPadなどの大きな画面で見れば、ピント確認が楽チン!>

一眼レフカメラからWi-Fiでスマホに瞬間転送。この機能、便利すぎて涙出る

一眼レフカメラのプレビュー画面では判断しづらいピントの甘さは、iPadの大画面で見れば一発でわかります。しかも、この写真はいらないな、と思ったらアプリ側からカメラ内の写真を削除することもできてしまいます。

<利点3:パソコン要らず! 写真の取り込みが本当に手軽になる>

一眼レフカメラからWi-Fiでスマホに瞬間転送。この機能、便利すぎて涙出る

上でも述べましたが、長期旅行などで写真枚数が大量になると、帰宅してからのパソコン取り込みは億劫なものです。が、カメラ側でピント確認などをしながら、必要な写真だけをスマホに取り込んでしまえば、その作業は不要になります。

この旅行中、実際に移動の電車内でそれまで撮った写真の整理を済ませてしまい、宿に着いたらWi-Fiを利用してiOSの共有ストリームにドカっとアップ。一眼レフで撮った写真を日本にいる家族にホットなうちにたくさん伝えることができました 。

もしこれが日本の旅行中であれば、3Gネット環境を利用して、取り込んでからすぐにでも共有できることになりますね。

<利点4:SDカードの容量が足りなくなったら、スマホに画像を保管できる!>

一眼レフカメラからWi-Fiでスマホに瞬間転送。この機能、便利すぎて涙出る

写真撮影に夢中になってしまって、気づいたら「SDカードの容量が足りない!」なんてこと、ありますよね。

そんなときは、とりあえずすべての画像をスマホやタブレットに保存してしまいましょう。その分SDカードの画像を消すことができるので、より多くの写真を撮ることができます。

万が一、カメラ側で誤って画像を全消去してしまったとしても、スマホ側に保存していればバックアップという安心にもつながりますしね。

※スマホやタブレットには画像サイズが最適化されて保存されます。

こうなるともう「無線は正義だ!」

振り返れば中学生時代、コードレス電話が我が家にやってきて、当時好きだったあの子との電話をもう親に聞かれなくてすむのか!と喜んだあの日から、およそ20年。

いまやWi-Fiやbluetoothの登場で、無線機能は生活を便利にする必需品となってきているように思います。

一眼レフカメラと無線の相性は、写真にこだわりを持つ方には非常に有効な手段になると思います。もしカメラを買い換えるご予定がある方は、ぜひこのスマホ転送機能のあるなしも判断材料にしてみてください。絶対に便利ですよ!!

関連記事

無線を使ってカメラからスマホ・PCへ!写真転送に役立つアイテムたち
スマホ・デジカメ用SDカードの選び方。容量と価格以外も確認しよう
一眼レフカメラできれいに星空を撮る方法

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(208本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック