【iOS 11】自分が接続した Wi-Fiパスワードを、一瞬で隣の人のiPhoneに共有する方法

自分が接続済みのWi-Fiパスワードを一瞬で近くの人のiPhoneに共有することができます。まるでテレパシーのようなその方法を実際に試してご紹介。

自分のiPhoneで接続済みのWi-Fiパスワードを、近くにいる別の誰かのiPhoneにシェアする簡単な方法を見つけました。
友人や家族が自宅に来た際に、自室のWi-Fiを開放しようとしたら、パスワード自体が複雑で入力が大変だったり、そもそもパスワードなんだったっけ? ということもありますよね。
そんなとき、お互いにiOS11の端末で連絡先にその人が登録されていれば、とても簡単にパスワードを共有することができるのです。

Wi-Fiのパスワードを共有するには?

相手のiPhoneでWi-Fiパスワード入力画面を開く

まず、パスワードを共有したい相手側のiPhoneで、Wi-Fiのパスワード入力画面が開きます。 ([設定] > [Wi-Fi]を開き、接続したいWi-Fiをタップ)

相手のiPhoneに自分のiPhoneを近づける

続いて、自分のiPhoneを相手のiPhoneに近づけましょう。

「パスワードを共有」をタップ

すると・・・?
自分のiPhoneにこんな画面が現れます。

案内に従い「パスワードを共有」をタップします。

相手のiPhoneにパスワードが共有された!

するとこの通り、相手のiPhoneのWi-Fiが接続されました。ほんの一瞬のできごとです。なんて簡単なのでしょう。

共有がうまくいかない場合は?

共有がうまくいかない場合は、パスワードを共有する側のiPhoneを、一度スリープ状態にしてから、ロックを解除してみてください。
この方法でおそらく解決すると思います。

こんな時にパスワード共有は便利そう。

このパスワード共有が役立つ場面を考えてみました。

  1. Wi-Fiのある自宅に友人や家族が来た時にWi-Fiのパスワードをつたえる(上記の例)
  2. 旅行先のホテルで、自分が先にWi-Fiに接続し、同行者にも共有する
  3. 勤め先に新たな社員がやってきた際、その人のiPhoneにパスワードを共有する

など、が挙げられます。
Wi-Fiのパスワードって、大文字と小文字が入り混じったものが多く、ランダムで覚えづらいこともしばしば。特に年配の方にはパスワードの入力はハードルが高かったりします。
そんなわずらわしさを解消してくれるのが、パスワード共有です。
相手も自分もiPhoneやiPadユーザーであれば、ぜひこのWi-Fiパスワード共有を使ってみてください。
ちなみに、自宅でWi-Fiルーターをご利用の方は、設定からパスワードを変更できる場合もありますので、いつもパスワードを覚えづらくて困っている、という方はそのルーターの取り扱い説明書や公式サイトでパスワード変更方法を確認してみてくださいね。

関連記事

スマホがWi-Fiにつながらないときの対処方法まとめ
Wi-Fi(無線LAN)が途切れる、遅い、つながらない・・ときの対処法まとめ
Wi-Fi利用者は忘れずに、ルーターの設定でセキュリティ強化!

あなたにオススメ
Recommends

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。