送信したメッセージを消せる!?  秘匿性メッセージアプリのメリット

秘匿性メッセージアプリとは

たとえば、友達とのメッセージのやり取りのなかで、共通の友人に対するネガティブなことを言いたいときや、暇つぶしに撮影した自分の変顔を送りたいと考えることがあるかもしれません。しかし、一般的なメッセージアプリだと、いつまでも送信したデータが相手側のデバイスに残ってしまう可能性があります。自分が忘れたころに「あのときの変顔だよ~」なんて送り返されてきたらイヤですよね。

そこで活躍するのが秘匿性のあるメッセージアプリ。アプリによっても異なりますがメッセージの送受信に高度な暗号化技術が使用されているほか、パスワード保護、サーバーや相手デバイスにデータを残さない、スクリーンショットを撮れない、一定時間でメッセージを削除するなど、メッセージ内容が外部に漏れる可能性を低くしているのが特長です。

政府も使用している「Wickr」

高度なセキュリティが"ウリ"のひとつである秘匿性メッセージアプリ。そのなかでもとくに注目を集めているのが、アメリカの民主党委員会が導入したことでもニュースになった「Wickr」というアプリです。

現在、もっともセキュリティ上で安心して使うことができるといわれており、「Wickr」を通じてやり取りするメッセージや画像、動画は厳重に暗号化され、サーバーにも保存されません。さらに、送信した情報は、最短開封後3秒で自動消去するように設定できるというスグレモノ。

「Wickr」の使い方

「Wickr」は、スマートフォンはもちろんパソコンでも使うことができますが、ここではiPhoneを使った基本的な操作方法を紹介します。

App Storeでアプリをダウンロード
まずは、App Storeで「Wickr Me - Private Messenger」をダウンロードして、インストールします。

アカウントを作成する

インストールした「Wickr」のアイコンをタップすると、「CREATE ACCOUNT」と「SIGN IN」のボタンが表示されるので、「CREATE ACCOUNT」をタップし、任意の名前とパスワードを入力して新しいアカウントを作成してください。

送信したメッセージを消せる!?  秘匿性メッセージアプリのメリット

友達を探して追加する

アカウントを作成して「Wickr」にログインすると、下画像のような画面が表示されます。あとは、画面右上のペンアイコンをタップし、「Search by name or email」に友達の「名前」または「Eメールアドレス」を入力して、メッセージのやり取りをしたい友達を追加すればOK。

送信したメッセージを消せる!?  秘匿性メッセージアプリのメリット

メッセージの消去時間を設定する

友達の追加が完了したら、あとはメッセージのやり取りをするだけですが、「Wickr」は送信したメッセージや画像などを自動消去する機能があるので、時間設定を行います。

送信したメッセージを消せる!?  秘匿性メッセージアプリのメリット

設定方法は2種類で、上画像の時計アイコン「Set expiration timer」では、「6 Hours」~「6 Days」まで設定でき、「Custom」を選択すると「2 Minutes」などのように細かく指定可能で、相手の既読・未読にかかわらず、事前に指定した時間が過ぎると自動消去される仕組み。

一方で炎(?)アイコンの「Set Burn-On-Read timer」なら最短で3秒から自動消去の設定をでき、相手がメッセージを開いてからの時間がカウントされます。そのため、確実に相手に見てもらいたいならこちらを使うのがよさそうですね。

スクリーンショットを撮ると相手に伝わる

「Wickr」の基本的な使い方は前述の通りですが、もうひとつ覚えておきたいことは、スクリーンショットです。たとえば相手から送られてきたメッセージや画像を保存するために、スクリーンショットを撮りたいと思うことがあるでしょう。しかし、スクリーンショットを撮るとすぐにメッセージのタイムライン上に通知が届き、相手に撮影したことが伝わる仕組みになっています。「相手にバレないようにこっそり保存しておこう」ということはできないのでご注意を。

「Wickr」のほかにメッセージを消去できるアプリは、仮想通貨の情報収集に適しているといわれている「Telegram Messenger」や、若者の間で流行っている「Snapchat」など、いろんな種類があります。自分の周りでより多く使われているアプリを選ぶと、楽しみやすいかもしれませんね。

関連記事

LINEを安全に使うカギは"施錠マーク"にありました!
Chromeのクレジットカード情報と住所を管理して安全に使おう
【iPhone】メッセージ機能がバージョンアップしてる!!

ピックアップ

奈古善晴

健康維持のために自転車通勤をしている昭和生まれライター。一眼レフカメラとイヤホン、パソコン、浅草、東京タワーがなによりも大好き。

記事(2本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック