Wi-Fiの2.4GHzと5GHzは何が違うの? 3DS、PS Vitaは5GHzに対応していない!

Wi-Fiといえば、無線LANの規格(※)として今やメジャーな存在。スマートフォンやパソコン、タブレットで使っている方も多いと思います。

ところで、最近、スマートフォンやタブレットを購入するときなどに「5GHz対応!」などのフレーズを見たこと、ありませんか?

じつは、これはWi-Fiの「周波数の帯域」。
え~っ、周波数の帯域って何!?という疑問からお答えします!

※厳密には業界団体が「IEEE 802.11規格」を使用した機器が、相互に接続できることを保証するための規格

周波数の帯域を表す単位「GHz」

無線LANの通信に使われる電波には「周波数の帯域」と呼ばれる周波数の使える範囲があり、単位はGHz(ギガヘルツ)。現在、Wi-Fiが使える周波数の帯域は2.4GHzと5GHzの二つ

<2.4GHz帯の特徴>

障害物に強い特徴があり、壁などがあっても遮られることなく電波が遠くまで届きやすい。Bluetoothやコードレス電話、キーボードやマウス、さらには電子レンジなどにも使われる帯域で、常に混雑している状態。そのため不安定になりやすく、集合住宅などでは他の部屋の電波からの影響を受けることもある。

→ 電波が遠くまで届くが、不安定になることも多い!

<5GHz帯の特徴>

家電などで使われることがないので、影響を受けることがなく通信が安定しており、また高速の通信が可能。一方で、壁や床といった障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなることも。Wi-FiルーターからPCやスマホの位置に注意が必要。未対応の端末がある。

→ つながりやすく高速だが、障害物に弱い!

3DS、PS Vitaなどは5GHzに対応していない

そして、端末(スマホ・ゲーム機・タブレット)によっては5GHz帯の周波数に対応していないものがあります。たとえば、無線LANルーターが5GHz帯に対応していたとしても、自分の使っている端末が対応していなければ5GHz帯には繋げないので注意したいところ。

5GHz帯に対応していない主な端末

・iPhone(iPhone 4s以前の端末)
・Nintendo Wii、3DS
・PS3、PS4、PS Vita

現状、ゲーム機や家電などは5GHz対応の製品は多くありません。Wi-Fiルーターに接続する際は、対応している周波数帯を選ぶようにしてくださいね。

関連記事

Wi-Fiの2Gと5Gって何が違うの?
安全にネットを楽しむために知っておきたい、ブロードバンドルーターとは?
無線と有線どっちが速い?無線LANルータの選び方と知っておきたい豆知識

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(75本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック