パソコンのキーボードを見て、「なんでアルファベット順じゃないんだろう?」と思われた方も多いのでは?

実はこれにはキーボードの歴史が関係しているんです!

キーボードの配列が「アルファベット順」じゃないワケ

一般的なキーボードの配列とは?

ほとんどの方がお使いのキーボードの配列は「QWERTY配列(クワーティはいれつ)」と呼ばれています。

なぜその名称かというと、アルファベットのキーがある段の行が、左から「QWERTY」と並んでいるため。

これは、タイプライターが作られたときに採用された配列が元になって、現在にも引き継がれているといわれています。

キーボード配列にまつわる諸説

1873年、タイプライターの開発の際にショールズ(Christopher Latham Sholes)によってこの配列の原型が提案され、試行錯誤を経て1882年に現在のキーボードのアルファベット部分と同じ配列が登場しました。

ショールズがこの配列にした理由については諸説あります。

  • 早く打ちすぎるとタイプバーが絡まるので、わざと打ちにくい配列にしたという説
  • セールスマンが製品のプレゼンテーションを行う際に、"TYPE WRITER"と打ちやすくした(2行目にあるキーだけで打てる)説
  • "ER"や"TR"などの二重子音を、利き手でない左手に集めてタイプバーが絡むのを防止しようとした説
  • 印刷業の植字工組合の制定した「活字箱の配列法」を基にしたという説
  • 市場を独占するために、タイプライティングする人達にトレーニングが必要な配列として、容易に他社製品へ切り替えできないようにした説

しかし、どれも確実な根拠は乏しく、本当のところはよくわかっていません。

知られていない配列も

諸説が乱れているキーボードの歴史ですが、QWERTY配列の後にも新しい配列が生み出されています。

1936年にワシントン大学の教育心理学者ドボラック(August Dvorak)博士が、アルファベットの出現頻度に基づき、打鍵(だけん)効率の向上を徹底的に追求したDvorak(ドボラック)配列を開発し特許を取得しました。

タイプコンテストで優勝した多くの人が、このDvorak配列を使っていると言われています。指と指の距離移動が少なく、腱鞘炎になりにくいとか。

ただ、現在はQWERTY配列がスタンダードとなっているため、世界的にもそれほど普及していないそうです。

普段使っているキーボードにもこんな深い歴史があったんですね! 

身近なものでも改めて考えると「そういえばなぜ?」と感じるものは多いもの。調べてみると、意外な発見があっておもしろいですよ。

関連記事

【スマホのフリック入力】便利でミスも減る3つのキーボード設定
数字が打てなくてイライラ!NumLockキーって一体何のためにあるの?
パソコンのキーボードが反応しないときに確認すべき4つのポイント

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック