災害時の危険度に合わせて行動を!「警戒レベル」って何?


異常気象が続いているといわれる昨今、季節を問わず台風が世界各地で発生し、通過しています。
日本では2019年3月、国民の命を守るための「避難勧告等に関するガイドライン」(内閣府(防災担当))が改定され、5段階の警戒レベルを明記して防災情報が提供されています。これは、大雨や河川の氾濫、高潮警報などの危険の警戒レベルを5段階の数字で表すことで、住民がとるべき行動を直感的に理解しやすくするためのものです。

とはいえ、「5段階のレベル」といわれても、それぞれがどの程度危険な状態であるのか、ピンときていな人も多いのではないでしょうか?

いつ何時、住んでいる地域に「警戒レベル5」クラスの発令がされるかわかりません。
いざというときに慌てるのではなく、それぞれの警戒レベルの危険度とあわせて、とるべき行動を知っておきましょう!

警戒レベル1:最新情報をチェックしよう

数日先までに気象庁から気象警報が出る可能性がある場合「警戒レベル1」が発表されます。

気象庁は「早期注意情報」という情報をホームページで発表しています。レベル1の段階ではこうした情報をチェックするなど大雨に関する最新情報に注意して下さい。
この段階でとるべき行動として「災害への心構えを高める必要」があります。

警戒レベル2:避難経路や避難先を確認する

警戒レベル2は、気象庁から「大雨・洪水注意報」が発表されるような段階です。

自分が住んでいる場所で起きやすい災害の種類をハザードマップで調べる、避難場所や避難の経路を確かめるなど、とるべき行動として「避難行動の確認」が必要とされるレベルです。

警戒レベル3:高齢者は避難を

災害時の危険度に合わせて行動を!「警戒レベル」って何?

気象庁から「大雨・洪水警報」や川の「氾濫警戒情報」などが発表され、自治体からは「避難準備・高齢者等避難開始」の情報が出る段階が警戒レベル3となります。

この情報が発表されたら、お年寄りや体の不自由な人など、避難に時間がかかる人は避難を始めましょう。また、そうでない人も避難の準備をしたり、自主的に避難を始めたりする段階です。
とるべき行動は「避難準備・高齢者等避難開始」です。

警戒レベル4:対象地域の全員が避難

土砂災害の危険性が高まって「土砂災害警戒情報」が出されたり、川がいつ氾濫してもおかしくない状況である「氾濫危険情報」が発表されるのが警戒レベル4です。

自治体からは「避難勧告」出る目安のレベルになります。対象地域の全員が避難場所など安全な場所に速やかに避難して下さい。
また、災害が発生するおそれが極めて高い状況となり、自治体が重ねて避難を呼びかける場合に「避難指示(緊急)」が発表されることがあります。この時点でまだ避難していない人は直ちに避難する必要があります。

とるべき行動は「全員避難」です。

警戒レベル5:災害発生、命を守って

最高レベルの警戒レベル5では、既に災害が発生、または発生している可能性が極めて高いという状況です。
川が氾濫して「氾濫発生情報」が出たり、気象庁から大雨特別警報が発表されたりする段階です。

また、自治体が土砂災害などの発生を確認した場合には災害発生情報を出すことがあります。周囲が浸水するなど、すでに避難場所に移動するのが難しい状況となっているケースもあります。この状況から避難を始めるとさらなる身の危険が及ぶこともあるため、周囲の状況をよく確認して、自分や家族の命を守るために最善の行動を取って下さい。
とるべき行動は「命を守って」です。

押さえておきたい避難のポイント

「避難勧告」は安全のために早めの避難を促す段階で、「避難指示」はより緊急性が高まり、すぐにでも避難が必要であることを示しています。
とはいえ、地形や住居の階数など、世帯によって状況がさまざまのため、避難場所まで行くことがかえって危険な場合は、より近所の安全な場所や建物に避難しましょう。

また、先述したように警戒レベル5になってからの避難は危険を伴う可能性があります。
「自分の命は自分で守る」という意識を持ち、常にテレビやラジオ、インターネット、町内放送などの情報をチェックして早めの行動を心がけましょう。

▼参考サイト:気象庁「防災気象情報と警戒レベルとの対応について」

関連記事

特別警報って何?改めて知っておくべき警報・注意報の意味
災害時にスマホがつながりにくくなる理由と対策
ゲリラ豪雨対策に雨雲レーダー使ってる?数時間後の雨がわかる!

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(253本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック