海レジャーに行くなら知っておきたい。「海のもしも」は「118」番

夏本番。海レジャーを安心して楽しむために、知っておいてほしい緊急連絡先が「118」です。

今年も海水浴や釣りなど、海レジャーのシーズンが到来しました。海での休日を楽しく過ごすためにも知っておきたいのがもしものときの「118」番通報。実はこれ、海上の緊急通報用電話番号なんです。

海の「もしも」は118番

普段の生活で事件や事故が起きたとき、警察へは「110」番、火災や救急の際は「119」番に通報する、ということは誰でも知っていますよね。
ところが、海や海辺での緊急連絡先「118」番があることは意外と知られていません。
「人が溺れている」「船が転覆している」などの海上の事故・事件を目撃したら「118」に通報してください。
海上保安庁に接続され、迅速な救助活動につながります。
通報する際は「いつ」「どこで」「何があった」を簡単に、落ち着いて、自分の電話番号と一緒に伝えましょう。
事故はもちろん、「不審船を目撃した」「海に油が排出されているのを目撃した」ときもこの番号に通報するのだそうです。加入電話・公衆電話・携帯電話・PHS・船舶電話などから利用できます。

あなたにオススメ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。