Windows 8.1のスタート画面にタイルを追加するには?

Windows 8.1のスタート画面に並んでいる「タイル」に、自分の好きなストア アプリを並べてもっと使いやすくする方法を紹介します。

Windows 8.1のスタート画面に並んでいる、ストア アプリを開くための「タイル」。ここに、自分の好きなストア アプリを並べてもっと使いやすくする方法を紹介します。
初期設定で表示されていなくても、スタート画面にピン留めすると、タイルで表示されます。

タイルを追加する

よく利用するストア アプリは、スタート画面にタイルを表示させておくと、すぐにアクセスできて便利です。

1.アプリ一覧を開く

「すべてのアプリを開く」ボタンをクリックします。

2.アプリをスタート画面にピン留めする

目的のストア アプリを右クリックし、「スタート画面にピン留めする」をクリックします。
アプリバーが表示されるので、カーソルを画面上部に移動します。
ここでは、Excelをピン留めします。

3.アプリがタイルで表示される

ピン留めしたアプリがタイルで表示されます。

タイルを削除する

不要なタイルは、スタート画面から削除できます。必要なストア アプリだけ表示させて、画面を使いやすくしましょう。

1.目的のタイルを右クリック

目的のタイルを右クリックし、「スタート画面からピン留めを外す」をクリックします。

2.タイルが消える

ピン留めを外したタイルが見えなくなります。

タイルを削除したら、ストア アプリはどうなる?

タイルを削除しても、そのストア アプリ自体はパソコンに残るので、ご安心を!
不要なタイルは削除しましょう。

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

あなたにオススメ
Recommends