寒くてもスマホが使いたい!冬の屋外で役立つスマホの機能・アイテム

肌身離さず持ち歩いて、便利に使えるスマートフォン。待ち合わせの暇つぶしにも欠かせない存在です。

しかし基本操作は「画面へのタッチ」で行なうため、冬場の屋外で使う場合にはツラさも。かじかむ手を我慢して......なんて嫌ですよね。

そこで今回は冬の屋外でスマホを操作する際に役立つこと間違いなし!な機能とアイテムを紹介します。

指紋認証などすべての機能がそのまま使えるわけではありませんが、寒さを我慢して使う時間は大きく減らすことができますよ。

てぶくろモードがあれば設定変更だけでOK

まずは使っているスマホに「てぶくろモード」がついていないか、確認してみましょう。

Android OSを搭載するスマートフォンの中には、手袋を装着した状態でのタッチ操作も認識させる機能を備える製品があります。この機能をオンにすれば、手袋をつけた状態でも、スマホがそのまま操作可能に。

ただしほとんどの「てぶくろモード」は、タッチ操作の「認識精度」を上げるのでなく、あくまで「認識感度」を高める設計です。

そのため例えば、てぶくろモードをオンにしたまま素手で操作すると、誤認識が増えてしまうる可能性はあります。常時オンにするのでなく、使うときだけオンにすること推奨というわけです。

条件は限られますが、今使用中のスマホが対応していれば、機能をオンにするだけで手袋をつけてもそのまま使える便利な機能ですよ。


タッチ操作に対応する手袋

スマホにてぶくろモードのような機能がない場合は、一緒に使うアイテムに一工夫。一番手っ取り早いのは「タッチ操作に対応する手袋」を使うことでしょう。

最近ではオシャレなデザインの手袋、アウトドア用で機能性の高い手袋にも、指先にスマホ操作を可能にする設計を取り入れた製品が多く見つけられます。

寒くてもスマホが使いたい!冬の屋外で役立つスマホの機能・アイテム


冬場の外出時には必ず手袋をつける人にとっては、手袋をつける・外すだけでOKなことは非常に魅力的ですね。

Amazonで「スマホ対応手袋」を検索!

タッチペンを使うという選択肢も

手袋ではなく、「タッチペンを使う」ことも賢い方法です。

最近ではペン付きのスマホもありますし、また家電量販店を覗いてみると豊富な種類のタッチペンも見つけることができます。

寒くてもスマホが使いたい!冬の屋外で役立つスマホの機能・アイテム

タッチペンを選ぶメリットは「手袋を付けていても使える」「手袋より細かな操作に向く」ということ。

素手での操作に比べると、手袋をつけた状態では細かい操作がしづらくなります。手袋によってタッチする場所が隠れてしまったり、タッチする感触が指先に伝わりにくいのがその理由です。

その点タッチペンは操作時も画面が見やすく、タッチの感触も手に伝わりやすいです。手袋がより自由に選べることもよいですね。

デメリットは「持ち歩く荷物が増える」ことですが、冬場は上着を着るなどポケットの数も増えがち。冬場のみ、ポケットに常時忍ばせておけば、持ち歩き忘れも予防できます。

普段はタッチペンを使わない人にも、冬場限定でタッチペンを持ち歩くという方法はオススメです。

関連記事

家電量販店に聞いた!タブレット、スマホに使うタッチペンの選び方
【iPhone】14分で充電死亡「寒さ落ち」は本当にあった!?マイナス8度の北海道で検証してみた。
夏はスマホにとっても厳しい季節!取扱いの注意点をチェック

ピックアップ

まきはら とよかず

1986年生まれ。仙台在住。スマートフォンをはじめとする「ガジェット」に関心を持つフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品で個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

記事(29本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック