海水浴場で水濡れや砂を気にせずスマホを使うためのチョイ技

どんなときでも、スマホは手元に置いておきたい。でも、海水浴となると話は別。水に濡れたり、砂をかぶったりすると壊れるリスクがあるので、手軽に持ち歩いたり、思いたったときに使ったりするのは難しい。

そこで海辺でも安心して使えるように、スマホを防水仕様にしてみよう! 
とっても簡単なその方法とは・・・

「ジップロック」にスマホをいれる!

ジップロックはもともと、液体でも保存ができる密閉式の袋。なので、外側からの水だって浸入はしないのだ。

もちろん、ジップロックの上から操作もできるから、ネットを使った調べ物やメールのチェック、写真撮影もできてしまう。

スマホにいちばん適しているサイズは「小」だけど、「中」サイズでもOK。「大」サイズになると、ちょっと大きいかな?

ただし、ジップロックでの防水対策では以下の点に気を付けよう。

  • ジッパーを閉める時に空気を抜かないとタッチ操作がしにくくなる。
  • ジップロックは完全な防水を保証するものではない。そのため海中で使うのはNG。
  • 長時間ジップロックにスマホを入れたままにすると湿気がこもる場合もある。定期的に換気しよう。

女性のあいだでは、よくお風呂に携帯やスマホを持ち込むとき、ジップロックが使われているみたいだけど、あくまで自己責任ということで・・・。

ジップロックじゃ不安な人は・・・

「水に落としたり砂まみれになることを考えると、ジップロックでは心配」という人や、海中にもスマホを持ち込みたい人は、きちんとした防水ケースを準備したい。

この「ディカパック」という製品は、海辺での仕様はもちろん、泳ぎながらだって使える完全防水のケースだ。水深10mでも使えるのでスマホで水中写真も撮影できる。

また、水没防止用のフロート(浮き具)も付いているので、万が一海に落としても沈む心配はない。

スマホの防水対策をしておけば、海水浴はもっともっと楽しく快適になるぞ!

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(271本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック