体験談あり!通わない便利なオンライン塾のメリットとは

もしも「学校の授業だけでは不安があるけど、塾に通う時間は取れない」と悩んでいるなら、オンラインの学習サービスを利用してみませんか?

うちの子供たちが実際に体験したオンライン学習サービス「スタディサプリ」のおすすめポイントを紹介します。

どこにいても学べるオンライン学習、スタディサプリとは

スタディサプリはリクルートの提供するサービス。講師の動画と個別指導を組み合わせることで、オンラインでも塾と同じ学習環境を提供しています。
時間や住んでいる場所に関係なく利用できるので、忙しい子供や、近くに塾がない子供でも、利用しやすいサービスです。料金も普通の塾よりずっと安いので、気軽に始めることができます。

対象年齢は小学4年から大学受験生まで。受験が必要な期間はカバーしています。

有名講師も多数!すきま時間で学習できる1本15分の講師動画

タブレットやスマホから専用アプリで見る、講師の授業動画は4万本以上。参考書や問題集などで有名な講師も多く、動画のクオリティは保証付きです。
他の学年の動画も視聴できるので、苦手な部分を前の学年の範囲から復習したり、得意な教科は先取りして予習することもできます。

動画は1本15分と短いものが多く、スキマ時間に気楽に見ることができます。1本の動画でカバーする範囲が狭いので、苦手な部分だけを見ることができるのもポイント。
動画はダウンロードも可能なので、苦手分野は何度も繰り返して見ることもできます。

個別指導とは

中学講座、高校講座、大学受験講座には、個別指導付きのコースもあります。個別指導をうまく利用すれば、塾に負けない充実度です。
個別指導の内容は学年により異なりますが、それぞれ担当のコーチがつき、わからない部分の質問、勉強プランの作成、モチベーションアップのための相談など、いろいろなサポートをしてくれます。コーチとは、アプリを通してメッセージやチャットでコミュニケーションできます。

個別指導がなく、動画視聴のみのベーシックコースもあり、動画は見放題です。

コースと料金は?

小学講座(4年生、5年生、6年生)は月額980円のベーシックコースのみ。動画の視聴のみで、個別指導はありません。

中学講座は、月額980円のベーシックコースと月額9,800円の個別指導コースの2種類があります。

高校講座も、月額980円のベーシックコースと月額9,800円の合格特訓コースの2種類があります。
合格特訓コースは1年生から受講可能で、コーチによる個別指導が受けられます。

大学受験講座は高校講座とほぼ同じですが、学年分けされていません。授業のフォローはありませんが、受験対策に特化しているので、中高一貫校の生徒や浪人生、受験勉強だけに力を入れたい生徒にもうれしい講座内容ですね。

どのコースも14日間は無料で試すことができますよ。

▼スタディサプリの公式サイトはコチラ

※料金はすべて税抜です。2019年9月1日時点の情報です。最新の情報は公式サイトでご確認ください。

体験談:親が感じるスタディサプリのメリット

普通の塾にはないオンラインならではのメリットについて、親目線でご紹介します。

送り迎えの必要がない
近所でも毎回の送り迎えは面倒なもの。一人で通えるようになっても遅い時間になるとお迎えが必要なこともあるので、それがないだけでも親としてはかなり楽になります。

月額1万円以内と安い
スタディサプリは個別指導コースでも9,800円で全科目カバー。
一般的な塾では1科目の指導料が月に1万円前後、さらに入会金、模擬試験や合宿費用など、さまざまな費用がかかるので、助かります。

体験談:子供が使ってみた感想

我が家では私立文系志望の高校3年生がスタディサプリのベーシックコースを利用しています。通っている高校は授業も長く課題も多いので、塾に通う時間はなかなか取れません。苦手分野の克服や受験対策の補助に使っています。

本人に使ってみた感想を聞いてみました。 

学校の先生とは教え方が違うからわかりやすい
教える内容は同じでも、学校の先生とは教え方や説明の仕方が違うところがいいです。同じ内容でも違う角度から説明されることで、理解しやすくなります。

他の動画を見ることがないので安心
YouTubeの教育系動画を見ると、勉強以外の動画をおすすめされて気が散ったり、つい見てしまうことも。スタディサプリは専用アプリなのでそういう心配がなく、安心です。

学習スペースがないのが残念
塾と違って自習室がないのだけは不便。代替案として「自宅以外の学習スペース」が必要なときは、図書館や学校を利用しています。

オンライン学習といっても、通常の塾と同じで向き不向きがあると思います。その点スタディサプリは2週間無料で試せるうえ、塾よりも安いので、試しやすいのがうれしいところ。ネットで申し込めるので、一度試して見てはいかがでしょうか。

動画視聴の通信量が気になるなら

また、毎日スマホやタブレットで授業動画を視聴するとなると、通信量が気になりますよね。
主に自宅で見る予定なら、家にWi-Fiを導入するのがおすすめです。
過去の記事を参考にしてみてださい。

▼参考過去記事:【スマホの通信制限対策】自宅にWi-Fiを導入しよう!

▼ビッグローブ光の詳細はコチラから

関連記事

プログラミング学習を先取り!ラズパイとは?Scratchで何をするの?
辞書を使わないで習得?「多読」という英語勉強法
今からでも遅くない!「数学をやりなおす」オトナの理由

ピックアップ

成瀬京子

WebマーケティングやAIを主に扱うIT専門ライターです。ガラケー時代からの携帯・ガジェットマニアですが、なぜか仕事になりにくいのが悩みです。

記事(34本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック