スプレッドシートとExcel(エクセル)の違いとは?操作方法を比較

GoogleスプレッドシートとExcel(エクセル)はどちらも表計算ソフトですが、機能や操作が微妙に異なります。そこで、今回はGoogleスプレッドシートとExcelの違いを比較してみました。

Googleスプレッドシートとは?

Googleスプレッドシートはいわゆる「ウェブアプリ」と呼ばれるもので、ウェブ環境で動作します。そのため、パソコンやスマホ、タブレットなどにアプリをインストールする必要はなく、インターネットにさえ接続できれば利用可能です。

また、ファイルの情報はインターネット上の記憶領域「Googleドライブ」に保存されます。これによりアクセス権限のあるユーザーであれば、誰もが同じファイルにアクセスすることができ、複数のユーザーで同時編集できるのが特徴です。

Excel(エクセル)とは?

▼Microsoft 365のサイトはコチラ

エクセルはマイクロソフト社が提供している「ソフトウェア」で、デバイス上で動作します。そのため、パソコンやスマホ、タブレットなどで使用するには、主にソフト(アプリ)をデバイスにインストールしないと使うことはできません。

ただ、デバイス上で動作することから、ウェブ環境のように不安定になることはまずなく、安定した速度で作業ができます。また、ビジネスの世界では標準とされるソフトなので、大抵の場合ではファイル共有に困ることはないのも魅力です。

GoogleスプレッドシートとExcel(エクセル)の操作方法の違い

「表計算ソフト」としての機能では、Googleスプレッドシートとエクセルに大きな違いはありません。ただ、細かく比較すると異なるところもあります。

ショートカットキーの対応が違う

まず、Googleスプレッドシートとエクセルでは一部、ショートカットキーが異なります。以下に、それぞれの動作とショートカットキーをまとめてみました。

Googleスプレッドシート エクセル
行と列の追加や変更
行を上に挿入 Ctrl+Alt+=(行を選択して) Ctrl+Shift+-(行を選択して)
削除メニューを開く Ctrl+Alt+-(セルを選択して) Ctrl+-
行を削除 Ctrl+Alt+-(行を選択して) Ctrl+-(行を選択して)
列を削除 Ctrl+Alt+-(列を選択して) Ctrl+-(列を選択して)
行を非表示 Ctrl+Alt+9 Ctrl+9
列を非表示 Ctrl+Alt+0 Ctrl+0
セルの書式設定
時刻を挿入 Ctrl+Shift+: Ctrl+:
日付を挿入 Ctrl+: Ctrl+;
表示形式を時刻に設定 Ctrl+Shift+2 Ctrl+@
表示形式を指数に設定 Ctrl+Shift+6 Ctrl+^
スプレッドシートの操作
次のシートに移動 Ctrl+Shift+PageDown Ctrl+PageDown
前のシートに移動 Ctrl+Shift+PageUp Ctrl+PageUp
コメントを挿入・編集 Ctrl+Alt+M Shift+F2

独自のショートカットキーがある

また、Googleスプレッドシートとエクセルにはそれぞれにしかないショートカットキーも存在しています。それが、それぞれ以下のショートカットキーです。

Googleスプレッドシート独自のショートカット

一般的な操作
ショートカットキーのリストを表示 Ctrl+/
値のみ貼り付け Ctrl+Shift+V
セルの書式設定
中央揃え Ctrl+Shift+E
左揃え Ctrl+Shift+L
右揃え Ctrl+Shift+R
上枠線を適用 Alt+Shift+1
左枠線を適用 Alt+Shift+2
下枠線を適用 Alt+Shift+3
右枠線を適用 Alt+Shift+4
枠線を削除 Alt+Shift+6
日付と時刻を挿入 Ctrl+Alt+Shift+:
スプレッドシートの操作
シートリストを表示 Alt+Shift+K
ハイパーリンクを開く Alt+Enter
データ探索を開く Alt+Shift+X

エクセル独自のショートカット

一般的な操作
名前を付けて保存 F12
ダイアログボックスを表示 Ctrl+1
スプレッドシートの操作
フィルター Shift+Ctrl+L
オートSum関数 Shift+Alt+=
関数を挿入する Shift+F3

すべてを一度に覚えるのは大変ですが、よく使うものから少しずつ覚えておくと、ちょっとした設定をキーボード操作だけでできるようになるので便利です。

Googleスプレッドシートにはエクセルにない関数がある

ショートカットキーと同じように、Googleスプレッドシートにはエクセルにはない独自の関数がいくつかあります。それら関数を、以下にまとめてみました。

複数の条件で検索できる「QUERY関数」

Googleスプレッドシートには、複数の条件から一致する値を参照できる「QUERY関数」があります。なお、エクセルにも似たような「VLOOKUP関数」はありますが、ひとつの条件を参照するのみなので、「QUERY関数」の方が用途は広いです。

数式を自動でコピーする「ARRAYFORMULA関数」

数式を自動でコピーする「ARRAYFORMULA関数」というのも、Googleスプレッドシートにはあります。エクセルで数式をコピーするには、セルをドラッグして、手動でコピーしていく必要があるため、それを自動でしてくれるのは便利です。

シート間の値を参照できる「IMPORTRANGE関数」

Googleスプレッドシートには、別のシートの値を参照できる「IMPORTRANGE関数」もあります。これもスプレッドシート独自の関数で、Excelでは別の方法で参照できますが、その方法はスプレッドシートでは使えません。Googleスプレッドシートでは「別のシートの値は参照できないんだな……」と諦めていた方もこれで用途に合わせて機能を活用できますね。

エクセルはGoogleスプレッドシートに変換できる

今回は、Googleスプレッドシートとエクセルの違いをまとめてきました。

「表計算ソフト」という点に関しては、Googleスプレッドシートとエクセルでそれほど大きな差は感じられません。しかし、動作環境の違いから強みが分かれていたり、ショートカットキーや関数など一部の操作や機能は違っていたりします。

ただ、どちらも使い勝手のいいソフトなのは確かなので、作成環境や目的などに合わせてGoogleスプレッドシートとエクセルを使い分けるのがいいのでしょう。

なお、Excelで作ったファイルをGoogleスプレッドシートに変換することが可能です。Googleドライブに Excelファイルを「ドラッグ&ドロップ」をすればアップロードできます。アップロードしたファイルを開くときに「Googleスプレッドシートで開く」を選択すればOK。あとは、Googleスプレッドシートとして名前をつければ、変換完了です。

あなたにオススメ

堀本一徳

世界24カ国を旅した自由人。現在はライター兼カメラマン兼ウェブデザイナーとして活動中。得意分野はIT(情報系学科出身)、旅行、教育(教員免許あり)