パソコンを使っていて、見知らぬ人から送られてきたメールに添付ファイルがついている場合、開かずにゴミ箱に入れる、というのはもはや常識だが、もしそれが、普段利用している業者だったら?

実は最近急増しているのがこの手口。実際に届いたのがヤマト運輸からの「宅急便受取指定ご依頼受付完了のお知らせ」というもの。しかも添付ファイルは一見するとpdfにみえるが、よくよく見るとzipファイルとなっている。つい開いてしまうとオンラインバンキングの情報を盗み出すマルウェアだった、という可能性が高い。

ヤマト運輸でも、添付ファイル付きのメールを送ることはないと、被害に遭わないよう自社サイトで注意を呼びかける事態となっている。
※「ヤマト運輸の名前を装った添付ファイル付きの不審メールにご注意ください」
http://www.kuronekoyamato.co.jp/info/info_160629.html

これまでも海外からAmazonの請求書を装ったメールが届いていたが、最近は「写真」と題して、いかにも容量が大きくてzipファイルで送るのが当たり前、というタイトルを模したメールも増えていたり、「請求書」など仕事に関するものと思わせて添付のzipファイルを開かせようというメールも出ている。

このzipファイルは中身は実行ファイルとなっており、誤って開けばマルウェアへ感染しオンラインバンキングなどのアカウント情報が盗まれる危険がある。

ウイルス感染を防ぐには、BIGLOBEのようなプロバイダが提供しているウイルス対策ソフトを入れることが第一だが、メール自体を受け取らないようにするのなら、迷惑メール対策サービスに申し込むのも手だ。例えばBIGLOBEでは迷惑メールフォルダオプションというサービスを月額150円(税別)で提供している。面倒な設定などは不要で、自動ブロックされた迷惑メールは専用のフォルダに振り分けられるため、受信箱では安全なメールだけを受け取ることができる(ただしすべての迷惑メール、フィッシングメールを正しく判断することを保証するものではない)。

しかもウイルス対策ソフトと違って迷惑メールフォルダオプションならパソコンにインストールする必要はないので、例えば遠く離れた家族のメールアドレスに対してもすぐに設定ができる。

しかも今なら初月無料キャンペーンを実施中(9/29まで)。急増するウイルスメール対策としてこれを機に導入してみてはいかがだろうか。


迷惑メールフォルダオプション3つのおすすめポイント

自動ブロックなので面倒な設定は不要
お申し込みされたその日から、迷惑メールが届かなくなります。面倒な設定などは不要です。自動ブロックされた迷惑メールは専用のフォルダに振り分けられるので、受信箱では安全なメールだけを受け取ることができます。

ブロック結果を毎日お届け
ブロックされた迷惑メールがあると、翌日メールでお知らせします。どんなメールがブロックされたか、送信元アドレスやメールの件名を確認することができるので、万が一、受け取りたかったメールがブロックされていた場合でも、レポートで確認することができて安心です。

新手の迷惑メールにも迅速対応
世界的に信頼性の高いシマンテック社の高精度な迷惑メール判定エンジンを搭載しています。世界中にある3億以上のメールボックスからの報告された情報を収集し、24時間体制で監視しているので、新手の迷惑メールにも迅速な迷惑メール対策を実現しています。

▼BIGLOBE迷惑メールフォルダオプション▼

ピックアップ

編集部有本

元エンジョイ!マガジン編集長(2014年10月時点)。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック