iPhoneとAndroidの違いって何?【今さら聞けない用語解説】

iPhoneとAndroidはそもそも何が違うのかといえば、搭載しているOSです。
OSは「オペレーションシステム」の略称で、スマートフォン(スマホ)全体を制御、管理する最も基本的なソフトウェアのこと。人間でいえば脳=OS、手足=アプリといったイメージです。

日本で販売されているスマホに搭載されているOSは大きく2つ。Apple社が提供する「iOS」と、Google社が提供する「Android OS」です。このそれぞれが搭載されたスマホが、「iPhone」と「Android」と呼ばれているのです。

では、それぞれのOSのメリット・デメリットを見ていきましょう!

アプリの数や品質

iPhoneのアプリはApple社の厳しい審査をクリアしているため、品質や安全性が高いのが魅力。一方、Androidは比較的審査が通りやすいので、多種多様なアプリが存在しますが、中には低品質のものもあるので注意が必要です。

機種選択の自由度

iPhoneはOSから端末の製造まですべてApple社が独占で行っていますが、Android OSはGoogle社がライセンスフリーで提供しており、それを利用して各メーカーが端末を自由に作ることができます。

そのため、iPhoneはバージョン違いの1~2種類からしか選べないのに対して、Androidでは性能が異なる多種多様な機種(例えば、Galaxy、Xperiaなど)から選択できるというメリットがあります。

一方で、iPhoneはユーザインターフェースが統一されているので、機種変でバージョンが変わっても戸惑うことなく操作できるという魅力も。また、スマホケースなどアクセサリの種類もiPhoneの方が豊富です。

端末の操作性

Androidは複数の操作ボタンがあるのが基本。メーカーにもよりますが、ホームボタンに加えて「戻る」ボタンと、「最近使ったアプリの一覧」を表示するボタンなどが左右にあり、文字入力やアプリ間の移動がしやすいというメリットがあります。

一方で、iPhoneにはホームボタンのみ。そのため、Androidと比べて利便性で劣るという声がある反面、シンプルな構造ゆえ、初心者でも直感的に操作しやすいといったメリットがあります。

なお、以前はiPhoneの画面をスクロールしたときのスムーズな動き、いわゆる"ヌルヌル感"が他にない魅力として人気でしたが、ここ最近はAndroidでも操作性も上がってきたため、ほとんど差異はなくなってきています。

ホーム画面のカスタマイズ性

iPhoneではホーム画面にアプリとフォルダしか置けませんが、ホーム画面上でひと目で情報を見られる「ウィジェット」を置くことができたりと、Andoroidでは自分好みのホーム画面にカスタマイズすることができます。

防水防塵性能

Androidでは多くの機種が対応している防水防塵機能ですが、iPhoneでは対応していないため、水に濡れる環境などで使いたい場合は防水カバーなどを別途用意する必要があります。

バッテリー交換

Androidでは防水対応の一部の機種を除いて、バッテリー交換が自分でできますが、iPhoneのバッテリー交換は分解作業が必要となるため、基本的にはサービスへ持ち込まないと交換できず、作業費がかかってしまいます。

SDカードへの対応

多くのAndroid機種ではSDカードスロットを搭載していますが、iPhoneには一貫してSDカードスロットはありません。iPhoneでは容量の違う複数機種を販売しており、自身が必要な容量の機種を購入するシステムを取っています。

おサイフケータイ(NFC)、赤外線通信、ワンセグなどの便利機能

Android機種でよく見るこれらの機能は、スマホ以前のガラケー時代から、日本独自の機能として発展してきたもので、iPhoneには搭載されていない機能です。

iPhoneは世界統一モデル(グローバルモデル)なので、日本だけでなく世界中で求められる機能でなければ搭載しない傾向にあり、標準機能以外はアプリを追加して対応してほしい、というスタンスなのです。

最新技術の導入

前述の通り、iPhoneでは新機能導入の際に独自の指標に照らし合わせた綿密なチェックが必要となるため、Androidの方がメーカー側で機種を作っている分、最新の技術(例えば、ハイレゾ対応など)をいちはやく導入できる傾向にあります。一方で、iPhoneに標準搭載されると、話題性もあって一気に普及が広がるという点もあります。

  iPhone Android
アプリの品質 高い 低いものも混在
機種選択の自由度 低い 高い
端末の操作性 どのバージョンでも統一されている メーカーによって異なる
ホーム画面のカスタマイズ性 低い 高い
防水防塵機能 なし あり※
バッテリー交換 不可 可※
SDカードへの対応 なし あり※
おサイフケータイ 不可 可※
最新技術の導入 遅い 早い

※対応していない機種もあります

安全性の高さと直感的な操作が魅力のiPhoneと、多機能で自分好みにカスタマイズ可能なAndroid。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分にあった一台をチョイスしたいですね。

※2015年6月時点の情報です

関連記事

AndroidとiPhone、仕事で使うならどちらを選ぶべき?
iPhoneをやめてAndroidにしたとき注意すべき9つのこと
これでわかる! iPhoneのiCloudでできることまとめ。

ピックアップ

竹下沙弥香(たけしたさやか)

ダイビング雑誌の編集者兼ライター、オリジナル絵本制作会社のWEB担当、アプリレビューサイトのWEB担当兼ライターを経て、『エンジョイ!マガジン』編集部員となる。「思い立ったら即行動」がモットー。体当たりで様々な疑問を解決します。

記事(41本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック