どれくらいできる? 読書速度やタイピング、反射神経を計測してみよう

自分の読書速度や反射神経がWeb上で測定できます! どれくらいの評価なのか試してみてくださいね!

今回は、暇つぶしに最適なネット上で自分の読書速度や反射神経、タイピングの早さをゲーム感覚で測定できる楽しいサイトをご紹介します。すぐにできるので、早速試してみてください!

読書速度を測定してみよう

文章を読むのにどれくらい時間がかかるか、自分の読書速度を測定してくれるサイトが、株式会社ザイラが提供する読書速度判定。使い方はカンタン! 表示される文章を読んで、読み終わったらクリックするだけ。1分間に何文字読めたかを測定してくれます!

「読書速度測定」を計測してみる
上記のリンク先からサイトにいったら、「小学生」「一般」のどちらかをクリックして測定をスタートします。

マウスクリックが何連射できるか測定してみよう

マウスのクリックをどれだけ早く連射できるかを測定するサイト「マウスクリック連射速度テスト」です。「Target」部分を力の限り速く連続クリックするだけ。時間内にクリックした回数と、1秒間のクリック回数を測定してくれます。

「一体なんのために?」という疑問もありますが・・・ついつい何度もやってしまいます!
マウスのクリック連射速度を計測してみる

キーボードのタイピング能力を測定してみよう

こちらは自分のタイピングレベルを測定してくれるサイト「e-typing」。腕試しレベルチェックの「今すぐチェック!」をクリック。スタートボタンを押すと、画面に文章が表示されるので、その通りにローマ字タイピングをすればOK。

測定結果では、ミス入力字数や正解数苦手キーなどが表示されます。
「e-typing」でタイピングレベルを測定してみる

反射神経を測定してみよう

次に、反射神経がどれくらい早いかを測定できる「Reaction Time」。
画面の「Play Now」をクリックでスタートします。画面上に現れた赤い球体が、黄色に変わった瞬間クリック。5回繰り返すと、クリックにかかった時間のアベレージが測定されます。赤い丸を誤ってクリックすると「NOT YET!」と表示されます。

誰かと競って遊ぶのが楽しそうですね!
「Reaction Time」で反射神経をチェック!

モスキート音が聞こえるか測定してみよう

ラストは、モスキート音を流し、聴こえるかどうかがチェックできるサイト「Mosquitone」です。
モスキート音とは、若者には不快な音として聞こえる高周波数の音で、一般的に20代後半から年をとるにつれて、聴こえにくくなると言われています。

音は4種類あり、上から順に難易度が高くなっていきます。

  1. 【Nomal】 25歳ぐらいの人なら、おそらく聴こえます
  2. 【High】 iPodで大音量では聴かないほうが良いでしょう
  3. 【Super】 赤ちゃんか犬なら聴こえます
  4. 【Ultra】 聴こえるならば、自分の星に帰るべき(「宇宙人並み」ということらしい!?)

とのことです。上から順番に再生してみてくださいね。
ちなみに筆者はどれも聴こえませんでした・・・
「モスキート音」が聞こえるか試してみる
暇つぶしに最適な測定サイト、いかがでしたか? この手のサイトは、お遊びと思いつつもついやってしまう不思議な魅力がありますよね!

あなたにオススメ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。