iPhoneで画像やSafari上のQRコードを読み取る方法!

iPhoneの「画面上」にあるQRコードの読み取り方法、あなたは知っていますか? カメラロールにあるQRコードやSafariで開いたページ上のQRコード、標準カメラでは撮影することができませんが、大丈夫ちょっとした長押しテクですぐに解決できますよ!

ガラケー時代からQRコードは広く一般に普及していましたが、最近ではキャッシュレス決済や電子チケット、またLINE IDの交換などでもQRコードが利用されており、日常的にお世話になることが多くなりました。

そんなQRコードですが、iPhoneの標準カメラで読み取りができるようになるまでには意外と時間がかかり、2017年のiOS11のアップデートによってようやく読み取りができるようになりました。

このアップデートによって、専用アプリをインストールすることなく、標準カメラでQRコードを読むことができ、iPhoneがより一層便利になったことも記憶に新しいです。

ただし、目の前にあるQRコードであればスマホの標準カメラを向けてスキャンできますが、スマホ宛にスクリーンショットで送られてきたり、safariで開いたページ上に表示されたQRコードの場合、それを自機のカメラで撮影することは、iPhoneが2台ない限り不可能ですよね。では一体どうしたら良いでしょうか?

画面内のQRコードは「長押し」だ!

iPhone内に画像として存在するQRコードは、実は「長押し」で解決します。ここではiPhoneの、カメラロールにあるQRコード、およびSafari上で表示されたQRコードをそれぞれ読み取る方法をご紹介いたします。

カメラロールにあるQRコードの場合

まずは、カメラロールにあるQRコードを読む場合の方法です。

  1. カメラロールからQRコードの画像を開く
  2. QRコード部分を長押しする
  3. 実行したいメニューをタップする(「Safariで開く」や「リンクをコピー」など)

そうなんです。QRコードの画像を開いて長押しするだけで、QRコード用のメニューが開くようになっていたのです。たったそれだけで良かったとは! 筆者もこれを知ったときは肩の力が抜けてしまいました。

Safariで開いたページ上のQRコードの場合

Safariでネット中、WEBページ上にQRコードの画像があった場合にも「長押し」を利用しましょう。カメラロール上のQRコードのときと若干挙動は異なりますが、Safariで開いたWEBページ上にあるQRコード画像を長押しすることで、専用のポップアップメニューが開きます。
そのメニューの中から「開く」や「リンクをコピー」などの実行したいメニューをタップするだけです。

これらの長押しテクを知らないと、わざわざパソコンでWEBページを開いてその画面をiPhoneの標準カメラで読み取ったり、スクリーンショットを印刷して標準カメラで読み取りしたり、など随分と遠回りな読み取りをしなくてはならなくなります。もし、スクリーンショットとしてQRコードが送られてきたり、Safari上で読み込みしたいQRコードに出会ったときは、あせらずに「長押し」を思い出してみてください。

スマホの利用にも「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

スマホの通信量が足らずに、ギガ不足になっていませんか?

自宅でスマホを利用するときには、Wi-Fiで通信することでスマホの通信量を節約することができます。

ご自宅でのWi-Fi環境導入にはIPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

あなたにオススメ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。