クロネコメール便といえば、A4サイズ・厚さ1cm以内のチラシやパンフレットなどを全国82円(厚さ1~2cmの場合は164円)で送ることができる人気のサービス。ワタシも愛用していました。

しかし2015年3月31日をもって、まさかのサービス終了。「CDにランダム封入されてるジャケットカードをファン同士で交換し合うときに便利だったのに・・・」と嘆いていたところ、4月3日、それに代わるかもしれない新サービスを日本郵便がスタートさせました。

その名も「スマートレター」。郵便窓口や郵便ポストに投函できる、"封筒型郵便新サービス"です。

日本郵便が新たに「スマートレター」をスタート。どんな物が送れるの?

一体どんなサービスなのか、そしてクロネコメール便との違いはあるのか、特徴を説明します!

「スマートレター」の概要

日本郵便が新たに「スマートレター」をスタート。どんな物が送れるの?

スマートレターは、専用封筒(税込み180円)を購入し、A5サイズ・1kg・厚さ2cmまでの荷物を入れて送ることができるサービスです。専用封筒に宛名を書いたら、あとは郵便局窓口かポストに投函するだけ。荷物は郵便受けに届きます。専用封筒は郵便局以外にコンビニでも購入できるので、なかなか便利そう。

クロネコメール便は厚さ1cmまでなら税込み82円だったので、それと比べると高く感じますが、クロネコメール便も厚さ1cm〜2cmの場合は164円。なので、実質は同じ価格帯と言えるかもしれません。

「そんなに厚い物は送りません!」という場合、割高感は出てしまいますが・・・。

しかし、特筆すべき点があります。スマートレターは、信書も送ることができるんです!

信書って何?

信書とは、「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」のこと。郵便法及び信書便法によって定められています。

具体的には、次のようなものが信書です。

・書状(手紙やハガキなど)
・請求書(請求書、納品書、見積書など)
・許可書(免許証、表彰状、認定証など)
・招待状(結婚式の招待状など)
・証明書(印鑑証明書、納税証明書、住民票の写しなど)
・ダイレクトメール(文書自体に受取人が記載されている物)

新聞、雑誌、カタログ、プリペイドカード、小切手、乗車券、チラシ、リーフレット、また新聞折り込みや街頭配布などを前提としたチラシなどは信書ではありません。また、現金は送ることはできません。

そして、荷物の送付と密接に関連する無封の添え状は信書に該当するものの、同封することができます。

・・・う~ん、分かりにくい! そうなんです、何が信書で何が信書じゃないか、素人では判断が難しいのです。

信書も気にせず送れる

そもそもクロネコメール便のサービスが終了したのは、知らずに信書を送ってしまう利用者が罪に問われるのを防ぐため、とヤマト運輸は説明しています。

違法と知らずに信書を同封したケースなどが多かったのかもしれません。

信書も送れる「スマートレター」の場合、「これ同封して大丈夫?」と迷うことは少なくなりそうです。メール便より割高ではありますが、その分、こういう長所があるわけですね。

ただし専用封筒の購入場所は限られる

一つ注意したい点があります。それは、スマートレターは荷物の引受や配達については全国で行うものの、専用封筒を販売する地域は限られているということ。

現時点では、都内の郵便局窓口および切手販売所(コンビニなど)、そしてオンライン通販サイト「切手ショップ」でのみで販売しています。5月中には千葉県、埼玉県、神奈川県および静岡県などに拡大、以降も順次拡大するとのことです。

全国で封筒が買えるよう、今後のエリア拡大に期待したいですね。そして、厚さは1cm以内でもう少し安いサービスも展開してもらえたらベストです・・・! お願いします、日本郵便さん!

▼スマートレーターの詳細は郵便局公式ページから

※料金などすべて2015年6月時点の情報です。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック