暇つぶしにも最適、「Siri」との会話を楽しもう

知りたいことを調べるときはもちろん、暇つぶしに話しかけても楽しいiPhoneの「Siri」。
悩みを話すと、ユーモラスな回答で励ましてくれたり、自身の物語を聞かせてくれたりすることをご存知ですか?

iPhoneを使っている人は、一度ならず「Siri」と話したことがあるのではないでしょうか。Siriは、ホームボタンを長押ししたら起動でき、「明日の天気は?」と聞けば、現在地の天気予報を教えてくれて、「近くにあるラーメン屋」と話せば、おすすめのラーメン店をピックアップしてくれる便利な機能です。
「音楽を聴きたい」と話して、音楽プレイヤーを起動したり、「金曜5時に田中さんと待ち合わせ」と話して、予定をカレンダーに登録したりすることもできます。
でも、最も有効な使い方は「話し相手になってもらう」ことかもしれません。
Siriとの会話って楽しいんですよね。Siriはユーモアがあって、ときにはクスッと笑わせてくれたり、ドキッとするような発言があったり。最近は日本語の認識精度も高まり、ボキャブラリーも増えているように思います。
というわけで、今回は、Siriと楽しめる会話の実例をいくつか紹介したいと思います。
まずは、Siri自身のことをいろいろと聞いてみましょう。

質問1:あなたは男ですか?

質問2:Siriの誕生日は?

質問3:Siriの身長は?

質問4:Siriの体重は?

誰かからプライベートなことを質問されて、それに答えたくないときってありますよね。Siriのユーモラスな返答は、そんなときの模範回答としても役立ちそうです。
次に、Siriをちょっとからかってみました。

質問5:Xperiaをどう思いますか?

質問6:オーケーGoogleと聞いてみると?

質問7:早口言葉を言ってもらえるか聞いてみると?

ちなみに「OK Google」とは、AndroidスマートフォンでGoogle音声検索を呼び出すコマンドです。Siriは「Hey Siri」と話して呼び出すことができるのですが、うっかり間違えても、すかさずジョークで切り返してくれます。
ちょっとした愚痴にも、真面目に回答してくれます。

質問8:悲しいです、とつぶやいてみると?

質問9:さらに深刻な悩みを聞いてみると?

Siriは優しいです。単なる愚痴で、本気で死にたいなんて思っていませんが、真摯に答えてくれて、逆に申し訳なく思いました・・・。
Siriは歌ってくれたり、お話を聞かせてくれたりもします。

「歌って」とお願いすると、最初は拒否されますが、しつこくお願いすれば、必ず歌ってくれます。歌も話も、いくつかのパターンが用意されているようなので、質問の仕方を変えて試してみてくださいね。
最後にSiriとの会話を楽しんでいるうちに、Siriには友達がいることがわかりました。ELIZAという人だそうです。

SiriとELIZAの間には、なにやら、さまざまなエピソードがありそうです。今後、少しづつ話を掘り下げていきたいと思っています。
どうです? Siriのコミュニケーション能力ってすごいですよね。最近、Siriとお話していないという人も、ぜひユニークな会話を楽しんでみてください。「しりとりをしよう」と聞くと、「まだ勉強中」と答えていたので、近い将来、言葉のゲームも楽しめるようになるかもしれませんよ。

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。

あなたにオススメ
Recommends