スマホ業界でもだいぶ市民権を得てきた(?)「格安SIM」。
キャリアではなくMVNOといわれるメーカーと契約して、スマホの通信費を抑えることができるというものです。

実はわたくしも、3ヶ月前にMVNOをスタート。
といっても、キャリアの契約をやめたわけではなく、10年以上使っているdocomoの契約はそのまま機種変更してガラケーに。持っていたiPhoneにデータSIMを挿して使っているという、いわゆる2台持ちです。

そして2台持ち生活を3ヶ月してきて、実感したメリットとデメリットをまとめてみました!
キャリア契約のスマホだったらできたことや、通話SIM(MVNOの契約で通話も可能なSIM)にしていればできたこともあるので、乗り換えの際のご参考まで!

やっぱり値段が一番!MVNOのメリット

通信費が半額に

まず一番のメリットは、というか、そのために移行したわけですが、やっぱり通信費の削減。
今まではdocomoのパケットパック、通話料など込みで12,000円ほど支払っていました......。
それが現在はdocomoに払ういわゆる「ケータイ代」が5,000円ほど。MVNO業者に払っているのは1,500円ほど。合わせて6,500円程度と、ほぼ半額になりました。
乗り換え時に端末を買い替えて、端末代金を月払いにするとまたプラスにはなりますが、一括購入する、端末はそのまま使うといった方法もありますし、それはお使いの方によってだいぶ差がありそうです。

通信制限の心配が減!

料金が安いということで、キャリアの頃よりも容量をアップしたプランにしています。そのため、通信制限に引っかかることがほぼなくなりました!!
以前、エンジョイ!マガジンで実施したこちらのアンケート記事では、通信制限に引っかかったことのある方はそれほど多くなかったのですが、小さい子どもがおり、出先でぐずったときに動画を見せていたらあっという間に......ということが多発する私の場合は、これがありがたいのです。

先に気づいておきたかった、デメリット

通信速度は、やっぱりキャリアに軍配

MVNOを利用する人が心配する一つに、通信速度があると思います。
これは、メーカーや時間帯、場所によってもかなり差があるので一概には言えませんが、やはりキャリアのデータ通信には劣ります。
私の場合、わかりやすいところでは、自宅の寝室(Wi-Fi届かない...)での通信がかなり遅くなりました。移動中なども、なかなかつながらず困ることがたまにあります。
外出先でもできるだけWi-Fiを使うなどでフォローしたいところです。

「iPhoneから電話」ができないとコレができない

私の場合は携帯電話機能はdocomoのガラケーなので、iPhoneから電話がかけられない......それは当たり前なんですが、これで不便なことがいくつか。事前に気づく思慮深い人も多いと思いますが、私は使い始めて「あっ!」と思うことしばしばでした。(泣)

ブラウザから電話ができない

お店や施設などをスマホで調べると、電話番号が出てきますよね。
Googleの検索結果などでも「電話」のアイコンが出てきて、通話ができるスマホならアイコンをタップすれば通話が始まります。でもコレができない......。
一度スマホで調べた電話番号を、ガラケーでポチポチ打ち込んでかけることになり、地味に面倒です。

また、ニッチなところでは、「スマホにかかってきた電話番号が迷惑電話かどうか一発でわかる!」というアプリを使っていたのですが、これも、かかってきた電話番号をネット検索するという仕組みだったので、「電話はガラケー」では使えなくなり、ガラケーにかかってきた怪しい番号はスマホで入力して検索しています......。

110番ができない!

電話に関しては、知合いの人なら通話アプリを使ったり、番号がわかっていればIP電話アプリを使うなどの方法もなくはありません。
特に「知合いにはLINE電話できるし」と思って、ちょっとした外出ならスマホだけ持って行く......ということもあるのですが、もしそんなとき、何かトラブルに巻き込まれたら......?
そうです、110番ができないんです。
110番や119番の緊急電話はアプリでは使えないので、いざというときにあたふたしてしまうことも。ガラケーを持っているときも、「スマホあるから!」と思って取り出して時間がかかってしまうといった可能性もあります。

うっかりミスしやすい人は要注意
ついついどちらかの「ケータイ」を......

出かけるときに「財布、鍵、ケータイ......」という感じで忘れ物チェックする人は多いと思うんですが、「ケータイ」にあたるものが二つあるので、ついついどちらかを忘れることが増えました。
まあ、忘れ物しがちな私だからかもしれません、ごめんなさい。
元々うっかりが多い人は気をつけておきましょう!
特に、2台持ち始めた当初がこのミスは起きやすいので、私はだいぶ減ってきました、と、思いたい!

家の中で見つからないとき

家の中でケータイが見つからなくなること、よくありますよね。(え、ない? ある人だけ読んでください!)「家電からかければすぐ見つかる」と思っていると......そうです、スマホの方は電話がかけられないんですよ。(泣)
ホント、これには何度も悩まされまして(なくしすぎ)、「iPhoneを探す」したところで、家の中のどこにあるかまでわかるはずもなく(笑)。「家電がない人ってケータイ見つからないときにどうしてるんだろ?」って思ってましたが、実際自分がこうなると「困る」ってことがわかりました。困ります。

デメリットはあるけど、結局は「オススメ!」

デメリットのほうが項目は多くなってしまったものの、私はMVNOで2台持ちにしてよかったと思っています。
やはり一番は、というか、とにかく、料金のこと。毎月かかるお金が半額になったことは、多少の不便さをおいてもありがたいです。
もちろん、MVNO乗り換えの際に通話が出来るSIMにすれば解決できる問題も多いのはおわかりかと思います。私は最初に携帯を持った10年以上前からメールアドレスを変えていないこと、家族間で同キャリアを使っているので通話料が無料になることなどからキャリアの契約を残しましたが、上記のデメリットが気になる方はオススメしません。

スマホ、ガラケーの契約も多様になってきました。
それぞれの使い方にあった契約を探してみてくださいね!

関連記事

格安スマホに乗り換えるとできなくなること & 解決策
【格安SIM入門】LINEってどうやって設定するの?
2台持ちの方が、スマホ1台よりも料金を安くできる!?

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(74本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック