短縮URLって何?利用するメリットとクリックするときの注意点

「短縮URL」とは

短縮URLとは、文字どおり「長い文字列のURLを短くしたもの」です。

たとえば、TwitterでAmazonの商品ページをツイートしようとしたときに、コピーしたURLがやたらと長くて驚いたことがある──という経験はありませんか?

ウェブサイトの中にはURLが長いページもあり、Twitterやメールにそのまま貼り付けようとすると邪魔に感じることがあります(※Twitterの場合、現在はURLを自動で短縮表示してくれます)。

そんなときに役立つのが、短縮URLです。

URLを短縮することでSNSの投稿スペースを節約し、限られた文字数を有効に使うことが可能に。最近はTwitterをはじめ自動で短縮してくれるサービスも多いですが、長いURLを自分で短くしたい場合にはURL短縮サービスを利用するのがおすすめです。

実際に短く変換されたURLの例としては、以下のようなものが挙げられます。

https://bit.ly/xxxxx
https://is.gd/xxxxx
https://urx.nu/xxxxx
https://youtu.be/xxxxx
https://nico.ms/smxxxxx

そして今回、GoogleのURL短縮サービス「goo.gl」がサービスを終了することを発表しました。2019年3月30日には終了し、以降は新しくURLを短縮できなくなるそうです。

短縮URLをクリックするときの注意点

このように便利な短縮URLですが、時には悪用されることもあります。ですので、自らURLを短縮して利用する分には問題ありませんが、SNS上の投稿やメールに添付された短縮URLをクリックする際には注意が必要です。

企業の名前で「お支払い方法変更のお願い」「重要なお知らせ」「人気商品が当選しました!」などのメールを送りつける、フィッシング詐欺は有名ですよね。これはメール本文に添付したリンクをクリックさせ、本物そっくりの偽サイトに誘導し、個人情報を盗み出そうという手口です。

その際に用いられるのも、短縮URLです。

一例として、佐川急便が公表する迷惑メールの注意喚起ページを見てみると、事例のひとつに「goo.gl」が使われていることがわかります。

▼出典:佐川急便公式サイト「佐川急便を装った迷惑メールにご注意下さい」

偽サイトの長いURLではメールを受け取った人が怪しく感じることを見越して、短縮したURLを添付しているわけです。しかも短縮URLの場合には「クリックするまでどこのページに飛ぶのかがわからない」という特徴もあるため、注意が必要です。

たとえば、URLが「https://ja.wikipedia.org/xxxxx」だったらWikipediaだとわかりますし、「https://www.amazon.co.jp/」だったらAmazonであることが一目瞭然です。「anazon.co.jp」のように微妙に一文字だけ変えたページをわざわざ準備するような手口もありますが、最近は減ってきたような印象も。

以上のような理由から、特に知らない相手からのメッセージに添付されている短縮URLをクリックする際には、細心の注意が必要です。また、SNS上の短縮URLについても、安易にクリックするのは避けるようにしましょう。

リンク先のページをチェックするには?

短縮URLって何?利用するメリットとクリックするときの注意点

「クリックするまでどこのページに飛ぶのかわからない」のであれば、対策としては「クリックしない」しかないようにも思えてきます。ですが、せっかく便利なサービスなのにまったく使わないのももったいない。短縮URLを安心してクリックできるようにする方法は......?

そこでおすすめなのが、URLのリンク先の情報を取得してくれるサービス「アグスネット」(aguse.jp)です。

▼「アグスネット」:https://www.aguse.jp/

こちらのサービスでは、調べたいサイトの短縮URLを入力すると、リンク先の情報を表示。タイトルをはじめとするサイトの概要のほか、マルウェアが仕込まれていないかどうかも確認してくれます。aguse.jpを利用すれば、不安のあるURLもあらかじめチェックすることができるわけです。

以上、短縮URLの特徴と注意点の話でした。

ちなみに、短縮URLが抱えるもうひとつの問題としては、今回のGoogleの件のように「サービスがいつまでも続くとは限らない」という点も挙げられます。サービスが終了すればリンクが機能しなくなるため、ホームページで利用している場合などは修正が大変になります(※「goo.gl」については、サービス終了後も引き続きリンクとして使えるようです)

このような点を踏まえたうえで、短縮URLを効果的に使っていきましょう。

関連記事

メールアドレスやURLの構成ってどうなっているの?
【今さら聞けない】go.jpやor.jp......。これは何のドメインなの?
#ootd?#tbt?人気のハッシュタグの意味と探し方

ピックアップ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち

記事(14本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック