スマホを"裸"のままで使っていませんか? それはもったいないです。ぜひ、ケースに入れて使うことをおすすめします。なぜなら、キズが付かないように大切に使えば、使い終えたあとに高く買い取ってもらえるからです。

あなたのスマホ、いつか売れるかも

ここ数年の間に、中古スマホを取り扱うお店が増えてきました。中古スマホの中で、とくに人気が高いのがiPhoneです。アップルが販売するSIMフリーのiPhoneは、機種によっては10万円を越えます。

大手キャリア版は、割引が適用されて若干安くなるものの、2年以内に解約すると違約金が発生する"2年縛り"があり、「最新モデルでなくてもいいから安く買いたい」「格安SIMで使いたい」という人に、人気を集めているようです。

東京都内にある複数の中古ショップでの買い取り価格を調べてみたところ、iPhone 5s(64GB)は1万5000円~2万5000円、iPhone 6(64GB)は3万円~4万5000円くらいが相場のようです。

もちろん、これは、画面が割れていたり、キズが付いたりしていない"良品"での価格ですので、実際の買い取り額は、これよりも安くなる可能性があります。

最も気をつけたいのは・・・

買い取りの査定に、最も影響するのは「画面割れ」です。

ひび割れの度合いや、お店の判断にもよりますが、買い取り額が半額以下になることは覚悟すべきでしょう。

画面に入った、細かいキズも減額の対象となります。また、背面パネルに着いたキズや、落とせない汚れも減額対象です。

できるだけ高く査定してもらうには、購入時の状態を維持することが大切です。うっかり落とした場合にキズが付かないように、ケースに入れて使うことは必須。

画面には保護シールを貼っておきましょう。保護シールを貼りたくない人は、フリップカバー付きのケースを使うといいでしょう。



付属品は使わなくて済むなら新品のままで!

また、iPhoneが入っていたパッケージや付属品も捨てずに保管しておきましょう。

キズや汚れに比べると、大きな減額対象にはなりませんが、より高く買ってもらえる可能性が高くなります。

iPhoneには、USBケーブルとイヤホンが同梱されていますが、以前から持っているものを使える場合は、新品のままで取っておいたほうがいいでしょう。



初期化は査定時にも大事

実際に中古ショップに持っていくときは、iPhoneに保存したデータをパソコンなどにバックアップしてから、初期化しておきましょう。

「設定」→「一般」→「リセット」に進み、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、「iPhoneを消去」をタップすると、購入時の状態に戻せます。

初期化は、iPhone内にある個人情報を流出させないため必ず行うべきことですが、これも査定の対象になる場合があります。



なお、2015年9月に発売されたiPhone 6s/6s Plusそして2016年3月に発売されたiPhone SEは、購入から6か月が経過すると、キャリアのSIMロックを解除してもらえます。

SIMロックが解除された端末のほうが高く買い取ってもらえるかというと、今のところ、査定額にはさほど影響しないようです。

ただし、格安SIMで使いやすいSIMフリー端末やNTTドコモの端末を割高に設定している店もありました。

今後は、SIMロック解除の有無も査定に影響するようになるかもしれません。

ピックアップ

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。

記事(39本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック