【まとめサイト】見たくないページを除外するGoogel検索方法【レシピサイト】

作ったことのない料理にチャレンジする際、インターネットでレシピ検索をすることが多い筆者。

先日は子どもの誕生日にバナナが入ったホールケーキを作ろうとして、「バナナケーキ レシピ」という検索ワードで検索をかけました。すると、1ページ目の大半を占めたのは某レシピ投稿サイトのもの。人気サイトですものね......。

初めて作るものだし、誕生日ケーキは失敗できない。そんな理由からプロのレシピを探したかった筆者は、そこから2ページ目、3ページ目にわたって某サイトのページを避けながらレシピを探しました。けっこう大変でした。

レシピサイトだけでなく、「一次情報や信頼のおけるサイトを見たいのに、まとめサイトばかりがヒットして面倒だ」という方は多いのではないでしょうか。今回はこんなマイナートラブルを避けるGoogleの検索テクニックをご紹介します。

その1:検索ワードに「-●●●●」を加える

「バナナケーキ レシピ」でGoogle検索をかけた結果がこちら。

【まとめサイト】見たくないページを除外するGoogel検索方法【レシピサイト】

このように、某サイトやまとめサイトのものがたくさん出てきます。

こういうページを検索結果に出したくないという方は、こちらのワードに「-(マイナス)●●●●●●(出したくないサイト名など)」を加えてください。

【まとめサイト】見たくないページを除外するGoogel検索方法【レシピサイト】

するとビックリ!!!!

【まとめサイト】見たくないページを除外するGoogel検索方法【レシピサイト】

きれいに除外された結果が出てきます!

その2:検索ワードに「site:●●●●●」を加える

検索したいサイトが決まっているという人は、検索ワードに「site:●●●●●(サイトのトップURL)」を加えてください。

筆者は愛用しているレシピサイトでやってみました。

【まとめサイト】見たくないページを除外するGoogel検索方法【レシピサイト】

検索ボタンを押すと......

【まとめサイト】見たくないページを除外するGoogel検索方法【レシピサイト】

見事にそのサイトのページのみがヒットしました!

すごく簡単なテクニックですので、ぜひ試してみて、快適な検索ライフをお過ごしください!

関連記事

ネット検索のコツについてまとめてみた
人に見られたくないiPhoneの予測変換ワードを消去する方法
ブラウザ操作を簡単にするメニューバーを使おう

ピックアップ

青木美帆(あおき みほ)

ライター/エディター。バスケットボール専門誌の編集部を経て、バスケット、野球、サッカー、その他スポーツや教育の現場を奔走中。目標は日本のバスケット文化を豊かにすること。ITオンチ代表として、身近な疑問をやさしく丁寧に解決します。⇒twitterfacebook

記事(40本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック