Windowsがうまく起動しなくなった!そんな時はセーフモードで起動

パソコンを立ち上げようとしても、Windowsの起動ができない時がある。そういう場合は、セーフモードを起動してみてください。

パソコンの電源を入れても起動画面が途中から進まない時や、起動しても動作が非常に遅い時は、パソコンの不具合を診断する「セーフモード」で起動すると、正常に戻る場合があります。

セーフモードとは?

Windowsが正常に起動しない時に、不具合の診断・修復を行うとき用の起動モードのこと。
セーフモードでは、機能を限定して必要最小限のシステム環境で起動されます。そのため、普通にパソコンを立ち上げようとしても起動しない場合でも、セーフモードでは起動できることがあります。

セーフモードで起動する方法(Windows 7の場合)

1.パソコンをシャットダウンします

2.起動時に「F8」キーを押します

パソコンの製造元のロゴが表示されているうちに、キーボードの「F8」キーを数回、押します。

3.詳細ブート オプションの画面が表示されるので、「セーフモード」を選び「Enter」を押します。

「詳細ブート オプション」画面では、マウスが使用できない場合も多いので、矢印キーの上下で「セーフモード」を選択します。

4.「セーフモード」でパソコンが起動

セーフモードで起動したままでは、周辺機器やインターネットが使えません。また、画面解像度も低くなります。すぐにパソコンを再起動し、正常に動作するか確認します。

5.パソコンを再起動する

再起動したあとに、まだパソコンが正常に起動しない場合は、パソコンメーカーのサポートセンターに問い合わせしてください。

F8キー以外で起動する方法

「F8」キーでも「セーフモード」を起動できないパソコンがあります。その場合、以下の方法でセーフモードを設定してください。
Windowsのスタートメニューの「プログラムとファイルの検索」欄に「msconfig」と入力し、「Enter」キーを押します。

「システム構成」画面の「ブート」タブを開き、「セーフブート」にチェックを入れて、「OK」をクリック。

一度、セーフモードで起動したら、「セーフブート」のチェックを外して、パソコンを再起動してください。
→ Windows 8.1でセーフモードを起動する方法はこちらを参照にしてください

あなたにオススメ

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?