中古スマホの基礎知識「白ロム」「黒ロム」・・・えっ「赤ロム」って何?

格安SIMを利用する際、スマホ自体はどこで手に入れるでしょうか? もし、中古スマホを使うなら、「白ロム」「黒ロム」「赤ロム」という言葉を知っておきましょう。特に「赤ロム」には注意!それぞれどんな意味なのかを説明します。

携帯電話会社のスマホよりもリーズナブルな料金で運用できる「格安スマホ」。
できるだけ低コストで導入したいなら、中古のキャリアスマホを探すのもアリなんです。
そんなときに知っておきたい「白ロム」「黒ロム」「赤ロム」の意味を覚えておきましょう。

「白ロム」「黒ロム」とは?

キャリアで発売されているスマホやケータイの場合、電話番号やメールアドレスなどの契約者情報が「SIMカード」に記録されています。

端末を変更しても、このSIMカードを差し替えるだけで、同じ電話番号が使えます。
よく聞く「白ロム」「黒ロム」という言葉がありますが、これはガラケーとスマホでそれぞれ意味合いが少し違います。
<ガラケーの場合>
ガラケーは端末内のメモリに直接情報を書き込んでおり、このメモリ領域は「EPROM」、通称「ロム」と呼ばれています。
ロムに記録がないまっさらな状態の端末を「白ロム」、記録済みのものを「黒ロム」といいます
<スマホの場合>
スマホでは、SIMカードで契約者情報を管理しているので、SIMカードを抜いた状態の端末を「白ロム」と呼びます
中古スマホの販売店では、白ロムのスマホが販売されています。
ドコモの通信回線を利用した格安SIMを使うならドコモの白ロムを、auの通信回線を利用した格安SIMを使うならauの白ロムを使いましょう。

「赤ロム」に要注意!

白ロムは中古品なので、リスクがあることも知っておかなければなりません。
とくに、オークションでの購入には要注意です。
たとえば、もとの所有者が端末の分割代金を払い切らないままでスマホを手放すことがあります。そうなると、キャリアへの支払いが滞った状態になるので、キャリア側が端末での通信利用にロックをかけるんです。
もし、購入時には使えていても、もとの購入者が支払いを滞らせた途端に、通信ができなくなってしまいます。
ロックがかけられた状態の端末は「赤ロム」と呼ばれ、多くの中古スマホの販売店では、こういった端末を販売しないようにしています。
万が一、赤ロムだった場合に備え、端末代の返金などで対応してもらえる中古ショップを選びましょう。
▼関連記事:中古スマホを購入するときにチェックしておきたいポイントもぜひ目を通してみてください。

あなたにオススメ
Recommends

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。