RAM WIREの名前は知らなくても、パラパラ漫画でおなじみの鉄拳氏が手がけたPVを見たことがある人は多いのではないだろうか。その他にも芸人の鳥居みゆきや塚地武雅が主演を務めたドラマ風の作品など、彼らのPVはYouTubeで公開されるたびに大きな反響を呼び、。総再生回数は1600万回を突破している。

―― 私はRAM WIREの曲を聞きながら人がたくさんいる街を歩くのが楽しいんですよ。見ている光景がPVみたいに見えるというか、そこで目にする通りすがりの全く知らない人たちにも思いをはせられるんですよね。RAM WIREにとってPVってどんな存在なんですか?

RYLL
伝えたい感情というものを音楽だけでなく拡大解釈して伝えてくれるもの、ですね。

―― つまり表情が入る感じになるのかなと。

MONCH
そうですね。「僕らの手には何もないけど、」は世界配信になっていて、他国の人からのメッセージとかもあって、歌詞の意味は解釈できなくても映像で感じくれる人がいて。

ユーズ
絆というものが強く感じられるアニメーションで。違う角度から、口で説明しなくても言葉がなくても、映像だけでもとても伝わるものってあるじゃないですか。だから歌詞として言葉で歌っているものにプラスされて、よりもっと多くのものを伝えられるんじゃないかなと。言葉で説明しなくても感覚として伝わるものもあるなと。

RYLL
僕らが知らない人がSNSとかで広めてくれるとうれしいですよね。伝わっているなって思います。

RAM WIRE

最新曲「僕らの手には何もないけど、」は「象の背中」の城井文によるアニメーションが話題に。


―― 前回のインタビューから2年たって、ツイッターやLINEが広がって、ますます絆社会になっている気がします。だからもっとRAM WIREの音楽をいろんな人に聞いてほしいなって思うんです。

ユーズ
発言したらすぐに広まるというのはすごいことですよね。意見を言ったら「僕もそう思う」とか「違う」とか。一人に対して言うのと全く違うじゃないですか。多くの人に伝わるという。そして人や社会に対して感情を吐露しやすくなったというか、言葉を出しやすくなったのかもしれないです。同時に自分の名前も出るわけではないから、中傷もできたりするわけで。いい方向だけではないけれど、自分の心の内の淋しさとか、「今こう思っている」こととかも言いやすくなっているし。


―― 個人的には絆社会になればなるほどRAM WIREの音楽の果たす役割って大きいって思うんですよ。

ユーズ
淋しいのかなって思います。単純につながっていないと不安になっちゃうというか。例えばLINEのグループに自分だけ入れられていないと不安になるとか。でも、そういうのではなくて、つながっていると思える自分でありたいというか。「私をグループに入れてくれないのなら友達ではないのでは」とか「私を認めてもらっていないのでは」という気持ちは、もうちょっとちゃんと信じられるんだったら必要ないと思うんですよね。昔はネットとか何もなかったのに友達はいたし、お互いが思う気持ちさえあれば友達じゃないですか。

私たちもわからない部分もあるんですね。LINEとかやらなくても全然生きていけるし、「私は友達と思っている」とか「つながっている」と思えればいいわけで。でもやっぱり孤独感とかをみんな抱えていて、不安に思っている人は多いんだなと。私もそうですけれど、だからこそそういう人がたくさんいるということがわかるというか。

―― そういう人たちにRAM WIREの音楽をたくさん聞いてほしいと思うんですよね。「○○しようぜ」というよりは「それでいいんだよ」という音楽なので。皆さんの果たす役割は大きいと思いますよ。

ユーズ
人の芯を支えてあげたいというか。自分自身を信じられるきっかけになれたらいいなと思いますね。

―― RAM WIREの曲って自分たちに言い聞かせている部分がある気がします。

ユーズ
そうですね。でも「こうありたい」という前向きな気持ちは、必ずその中に入れているつもりで。

―― ダメだよね、だけじゃなくて「こうなりたい」という気持ちがなければダメと言うことですよね。RAM WIREの今後の予定ですが、10月に札幌、大阪、東京でのアルバムツアーがあるんですよね。

ユーズ
はい。久しぶりなので、お待たせしましたという気持ちもあり、皆さんの顔を見て歌うのもうれしいです。

MONCH
「むすぶ」は強いという意味も込めて、「ほどく」のときより強い自分たちを見せられるようなライブにしたいと思います。

―― RAM WIREの曲を聞いた方が初めてライブに行くとびっくりするんじゃないかと思うんですね。5月のイオンモール幕張のフリーライブでもファンの方もタオルを回していてびっくりしました。あまりショッピングモールのライブでは見られない光景ですので(笑)。

MONCH
ライブはアットホームにやりたいんですよね。なにより距離を縮めたいですし。

―― 定期的に行われているライブのタイトルも「RAM HOME」ですしね。最後に、今の目標って何ですか?

ユーズ
これからも変わらず伝え続けていきたいというのはずっとあります。それが私の生きる力でもありますし。

―― 伝えること、そしてアルバムを出すこと、そして何より活動を「続ける」ことって大変ですし、でも何より大事なことですからね。これからもRAM WIREの音楽、楽しみにしています。ありがとうございました。


■リリース情報

名曲「僕らの手には何もないけど、」「何度も」「花水木」他、豪華14 曲収録。
ほどかれた心で、結びあう。2年3カ月ぶりの傑作セカンドアルバム完成。

RAM WIRE 2nd Album「むすぶ」
2015.7.29 Release

RAM WIRE


初回盤A (CD+DVD)
\3,800+税
AICL2925-6

RAM WIRE


初回盤B (CD+CD)
\3,500+税
AICL2927-8

RAM WIRE


通常盤 (CD)
\2,950+税
AICL2929

【初回盤・通常盤CD】
DISC 1 [CD]
1.夢のあかし(STV ソチ2014 放送テーマソング / テレビ東京系ドラマ「大東京トイボックス」主題歌)
2.花水木
3.むつのはな(映画「アルカナ」主題歌)
4.愛の魔法
5.あいだじゅう(セイコーマート「ランブルスコ・セラ」CM ソング/ロハス
電力CMソング)
6.結いの虹(北海道内連携事業イメージソング)
7.Try The World
8.AGAIN
9.Starry Night
10.何度も -江ノ島プリズムver-(映画「江ノ島プリズム」主題歌)
11.約束
12.地球の夜
13.僕らの手には何もないけど、(映画「鏡の中の笑顔たち」主題歌)
14.光景

初回盤A DISC 2 [DVD]
1.あいだじゅう Music Video(芸人・塚地武雅と女優・芦名星によるドラマMV)
2.夢のあかし Music Video(フィギュアスケート選手・渡辺凛果を追ったドキュメンタリーMV))
3.僕らの手には何もないけど、 Music Video(「象の背中」の城井文によるアニメーション)
4.花水木 Music Video(主演:佐野ひなこ、平方元基によるドラマMV)
-Bonus Track-
5.Beautiful World Music Video(木村文乃主演一発撮りMV)
6.秘密 Music Video(深田恭子主演ドラマMV)
7.歩み Music Video(木南晴夏、井村空美主演ドラマMV)
8.名もない毎日 Music Video(芸人:鉄拳によるパラパラマンガMV)
9.大丈夫、僕ら Music Video(平均年齢61歳のシニアチアダンスチーム"JSCA"参加MV)
10.何度も Music Video(芸人:鳥居みゆきさん初主演のドラマMV)


初回盤B DISC 2 [CD] concept album -ひかり-
1.Hikari
2.暗号-光が意味するもの-
3.わたしあうもの-Chillwave ver.-
4.役立たず
5.Chain lyrics -Acoustic ver.-
6.ツキカゲ
7.大丈夫、僕ら -Acoustic ver.-

■ライブ情報

RAM WIRE むすぶTour 開催決定!!
2年2カ月ぶりとなるフルアルバムを引っ提げ、全国3ヵ所札幌・大阪・東京にて開催!

日程
2015年10月17日(土) 札幌 cube garden open17:30/start18:00
2015年10月23日(金) 大阪 梅田Zeela open18:30/start19:00
2015年10月29日(木) 東京 代官山UNIT open18:30/start19:00

料金:All Standing ¥3,900(tax in)ドリンク代別 ※整理番号あり ※4歳以上チケット必要

RAM WIREプロフィール

女性Vocal「ユーズ」、男性Vocal「MONCH」(モンチ)、Trackmaker「RYLL」(リル)による男女3人組。グループ名は、「羊たちの絆」を意味する造語で、「自分たちは迷える子羊であり、同じように迷っている人たちとの絆を築きた
い」という思いが込められている。

2001年、千葉のクラブを拠点に活動スタート。2005年にRYLLが加わり現在の編成となる。アルバイト生活をしながら約10年の間、地道なライブや自主盤の制作などの活動を続ける。

「後戻りもできない、まったく光も見えない日々だった」(ユーズ)中、RYLLのTRACK が、Spontania feat. JUJU「君のすべてに」として発表されたことがきっかけとなり、2010年10月。ソニー・ミュージックより、ミニアルバム「Beautiful World」をメジャーリリース。

2011年9月発売の1st single「歩み」が映画「僕たちは世界を変えることができない。」主題歌に抜擢。その歌詞にとにかく癒されると注目が集まり、2011年有線年間リクエストランキング4 位を記録。さらに2012年9月、俳優・松坂桃李が人生で一番泣いた曲としてTV番組で特集され発売から1年越しのチャート1位を獲得。

また、2012年6月発売の2nd ミニアルバム「名もない毎日」は芸人・鉄拳氏によるパラパラ漫画PV が"とにかく泣ける"とネットやTV で話題となり、レコチョクフル、ビデオクリップフル、歌詞サイト等で軒並みチャート1位を獲得。
2013年5月1日には活動13年目の1stアルバム「ほどく」がリリースされiTunesにて1位を獲得。CDも最高位13位を記録。

いままでにあげたPVの動画サイト総再生回数は1600万回を突破。
優しくも不器用な3人が集まって創りだしたそのメロディーと歌詞が、ソーシャルネットワークの口コミをきっかけに、今日もたしかに広がっている。

http://www.ramwire.com

ピックアップ

編集部有本

元エンジョイ!マガジン編集長(2014年10月時点)。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック