【今さら聞けない】radikoって何?

パソコンやスマホでラジオが聴けるサービス「radiko」って、知っていますよね。でもそれって普通のラジオとどうが違うの? インターネットを通じて放送されるというけれど? 音質がよくって、とっても便利な機能もついている「radiko」。基本のサービスをここでおさらいしておこう!これまで持っていたラジオの価値観が変わるかも。

最近「テレビ離れ」なんて言葉をよく耳にするけど、今どきはスマホがあれば、SNSやYouTube、映画にニュースサイト、何でも楽しめちゃうから、テレビも見なくなっちゃうよね。
で、スマホに詳しい友人に、最近はどんなメディアを楽しんでいるのか聞いてみると、意外な答えが返ってきた。それは「ラジオ」。テレビ離れどころか、ラジオを聴いてるだなんて・・・一体、どういうこと?
聞けば「radiko(ラジコ)」というスマホで聴けるラジオがあって、便利だからよく聴いているのだそうだ。ラジオが便利? どんなものだか気になるので、ちょっと調べてみました!

「radiko」って、どんなラジオ?

「radiko」とは、パソコンやスマホでラジオ放送が聴けるIPサイマルラジオサービス。平たくいえば、インターネットを通じてラジオ番組を放送する無料サービスだ。
独自のコンテンツを配信している通常のインターネットラジオと違って、普通に放送されている地上波ラジオ放送を、同時刻・同エリアでそのまま配信しているのが特徴だ。
でも、普通の地上波ラジオと放送内容も時刻もエリアも同じなら、「radiko」には一体、どんなメリットがあるんだろう?

いろんな機能がとっても便利!

一般の地上波ラジオ放送は電波を使って放送しているので、高層ビルが建ち並ぶ都市部では受信しにくかったり、家電などが近くにあると雑音が入ったり、不具合が起きやすい。
しかし「radiko」は、インターネットや携帯電話回線を使って配信しているので、雑音のないクリアな音でラジオが楽しめるのだ。
さらに、放送を受信するのがパソコンやスマホなどモニター付きの端末なので、放送中の番組情報、オンエア曲の情報を表示することも可能。
おまけに表示された楽曲は、itunes、Amazon、レコチョクなどで購入することもできるというのだから、とっても便利だ。あ、友人の言っていた便利って、こういうことか!
お気に入りの楽曲やトピック情報をメモしておく機能、ラジオを聴きながらほかのアプリを利用できる機能、自動的にラジオを止めるタイマー機能なども付いているので、ホントに便利!

プレミアムなら日本中のラジオが聴ける!

「radiko」は基本的に無料サービスだけれど、月額350円(税別)を支払う「radiko.jpプレミアム」に会員登録すると、日本全国のラジオが聴けるようになる。
「いつも聴いているラジオ番組が出張先では聴けない」
「上京してきたら、お気に入りの地元ラジオ番組が聴けなくなった」
「地元では聴けないご贔屓のプロ野球チームの試合を楽しみたい!」
こんな人は、月額350円(税別)って安いかも!?
こんなラジオがあるなら、さっそく聴きたい! そう思った人はさっそくダウンロードしてみよう。きっとラジオのおもしろさを再認識できるぞ!
▼「radiko.jp」のダウンロードはこちらから!
iPhone版のダウンロードはこちら
Android版のダウンロードはこちら
※料金はすべて税別です。2016年3月時点の情報です。最新の金額は公式サイトをご確認ください。

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

あなたにオススメ
Recommends