パワーポイントのサイズ変更、16:9から4:3にする方法

パワーポイントで作成したプレゼン資料をプロジェクターで投影したら、モニターのサイズに合わなくて見栄えがイマイチ・・・。そんなことにならないように、スライドの縦横比を調整しましょう!

プレゼンテーション用ソフトとして人気のMicrosoft「PowerPoint(パワーポイント)」。パワーポイントで作成するスライドは、「4:3」比率の標準サイズと、「16:9」比率のワイドサイズの2つが基本です。
「PowerPoint2013」からは起動して[新しいプレゼンテーション]を選択すると、初期設定では「16:9」で表示されます。2010までの古いバージョンでは、「4:3」でしたが、「16:9」比率のモニターが主流になったため、2013から変更になりました。
文書を作成したパソコンで、そのままスライドショーを実行するのであれば特に問題ありませんが、画面比率の違うモニターを使ってプレゼンする場合には要注意!「16:9」で作成したスライドを「4:3」のモニターを使って実行すると、モニターの上下に余白が黒く表示されてしまいます。
「16:9」に対応していないプロジェクターや、画面の縦横比が「4:3」であるiPadを使う場合には、次の方法でスライドサイズを変更します。

1.[デザイン] タブをクリックし、[スライドのサイズ] をクリックします。

2.[標準 (4:3)] をクリックします。

スライド作成後に縦横比を変更する場合にも、上記の操作で縦横比を変更できますが、画像や図表など、スライド内にあるコンテンツも新しい縦横比に対応させなければなりません。画面の案内にしたがって、拡大(最大化)・縮小(サイズに合わせて調整)のいずれかの方法を選択します。

  • 最大化:コンテンツのサイズを拡大する。コンテンツの一部が見切れる場合がある
  • サイズに合わせて調整:コンテンツのサイズを縮小する。コンテンツは縮小表示されるがスライド上にすべて収まる

スライドの縦横比を変更したあとは、スライド内の写真や図表の見え方に不具合がないかどうかをしっかりチェックしましょう。

竹下沙弥香(たけしたさやか)

ダイビング雑誌の編集者兼ライター、オリジナル絵本制作会社のWEB担当、アプリレビューサイトのWEB担当兼ライターを経て、『エンジョイ!マガジン』編集部員となる。「思い立ったら即行動」がモットー。体当たりで様々な疑問を解決します。

あなたにオススメ
Recommends