メールの受信方法、POPとIMAPってどう違うの?

POPとIMAPの違いって?

メールの設定で、POPとIMAPという言葉を見たことがある人は多いと思います。
でも、意味がわからずPOPを選んでいる...という方もいるのではないでしょうか?

このPOPとIMAPとはメールを送受信する時に使用する通信プロトコルと呼ばれるものです。このPOPとIMAPの通信手段を利用することで、メールを受信するこができるのです。

POPとIMAPの違いを簡単に説明すると、POPはメールをサーバーからダウンロードして利用するもの。IMAPはメールをサーバー上に残したまま利用するものです。

ちなみにGmailに代表される、ブラウザから利用できる「ウェブメール」は基本的にIMAPを利用しています。

ここではPOPとIMAPの詳しい違いを説明しましょう。

POPのメリットって?

一般的に利用されているPOPのメリットは大きく下記の3つになります。

ネットに接続しなくてもOK

受信したメールはパソコンに保存されるので、インターネットに接続されていなくてもすぐに確認できます。

POPでのメールは、サーバーからローカル、いわゆる自分が使っているパソコンのハードディスクにメールが保存されます。なので、ノートパソコンを利用していて、インターネットに繋がっていなくてもメールソフトを開くことで、これまで受信したメールをすぐに確認することができます。

メールサーバーの容量が小さくても大丈夫

メールを接続するたびにダウンロードするので、メールサーバーの容量が小さくて済みます。プロパイダのメールアカウントなどは基本POP形式で、容量が小さいですが手軽な価格で利用できるようになっています。

複数のアカウントでも一つのソフトでOK

さらに、複数のメールアカウントを利用していても、一つのメールソフトでまとめて受信、管理することができます。たとえば、プライベートと仕事でメールアカウントを分けて使用している場合でも、一つのメールソフトで管理できるのです。

IMAPのメリットって?

次に、IMAPのメリットを紹介します。IMAPのメリットは大きく三つです。

複数のパソコンからでも同じメールを利用できる

IMAPのメールは基本的にメールサーバーにあります。なのでパソコンが違っても、メールサーバーにアクセス(ログイン)することができれば、いつも使用している環境ではなくても同じように利用することができます。たとえば、外出先のインターネットカフェからでも、人のパソコンをちょっと借りてでも、メールの確認と送信ができるのです。

使っているパソコンが壊れてもメールは大丈夫

メールがサーバー上にあるので、パソコンが壊れてしまってもメールがなくなってしまうことがありません。

パソコンのハードディスク容量を圧迫しない

メールをパソコンのハードディスクに保存しないので、パソコンのハードディスク容量を圧迫することがありません。

POPよりもIMAPのほうがメリットが多い?

これまでの説明だとPOPよりもIMAPのほうがメリットが大きく感じると思いますが、IMAPにもデメリットがあります。

サーバーが何らかのトラブルに見舞われると、メールを確認することさえもできなくなってしまいます。またIMAPではメールサーバーの容量を多く使用するため、最初からメールサーバーの容量が大きい契約にする必要があります。

とはいえ、先ほども紹介しましたが、GmailはIMAPを利用したメールサービスです。Googleのサーバーは無料で15GBまで利用することができるので、個人で利用する場合、容量が足りなくなるということはほぼないと思います。仮に容量が足りなくなっても、不要なメールを削除してサーバーの容量を空けたり、追加で容量を購入することで(Gmailでは追加容量を有料で購入することができます)容量不足を補うことができます。

ただし、Gmailの場合、同じアカウントで使用するGoogleフォトなどと容量を共有するため、Googleフォトで多く容量を使っている方などは注意が必要です。

基本的なPOPとIMAPの使い分け

では肝心の使い分けです。

POP形式しか対応していないメールサーバーは主にプロパイダなどと契約した際に付加されるメールアドレスです。こちらは使用しているパソコンのハードディスクに保存しておくことができるので、プロパイダの契約や、パスワードなどなどが記載されたメール、各種インターネットサービスの契約や登録に使用するとよいでしょう。

そしてIMAPを利用しているGmailなどのウェブメールは、使用するパソコンが違っても確認できるので、仕事などで利用するとよいでしょう。たとえば会社のメールを自宅でも確認、利用したいという場合に便利です。

ただし、会社のメールを会社以外で利用する場合は、会社のメールサーバーがIMAPを利用している場合に限られますし、会社のメールを管理している人(管理者)に確認する必要があります。

POPとIMAPの使い分け上級編、Gmailをメールソフトで受信する

上でPOPとIMAPの基本的な使い分けを説明しましたが、これは面倒な設定をせずに利用するための利用方法です。さらに便利なメールの運用方法の説明をしましょう。ここでは「Thunderbird」というメールソフトを利用する方法です。

このメールソフトでGmailを受信する設定をしておけば、インターネットに接続していなくても、受信したメールを確認することができます。プロパイダのPOPサーバーを利用したメールアカウントと、Gmailを同じメールソフトで受信できるので、メールの管理が簡単です。

メールの受信方法、POPとIMAPってどう違うの?

メールの受信方法、POPとIMAPってどう違うの?

「Thunderbird」でGmailとPOPを利用したメールの二つを設定すると、メールごとの二つの受信トレイが作成されます。また「Thunderbird」でGmailを利用する場合、IMAPを選択しておけば、外出先の別のパソコンでも同じGmailを利用することができます。

GmailでPOPメールを受信する

もう一つGmailとPOPを利用しているプロパイダメールをまとめて受信する方法があります。それはGmailでプロパイダメールをまとめて受信する方法です。これはGmailの設定からPOPを利用しているメールアドレスを登録するだけです。

メールの受信方法、POPとIMAPってどう違うの?

Gmailの「設定」→「アカウントとインポート」→「他のアカウントでメールを確認」→「メール アカウントを追加する」をクリック。

メールの受信方法、POPとIMAPってどう違うの?

設定画面で、POPサーバの設定を入力して、「アカウントを追加」をクリックします。

メールの受信方法、POPとIMAPってどう違うの?

設定が終わると、登録したPOPメールアドレスのラベルが作成され、メールを受信すると自動的にラベルに移動します。

もう一つプロパイダメールのサーバー側の設定で、使用しているGmailに転送する方法もありますが、こちらはサーバー側の設定はプロパイダや使用しているメールサーバーごとに設定に違いがあるので、確認してから設定をするようにしましょう。こちらの方法では、メールを転送するだけなので、Gmailでは閲覧だけになります。

メールの受信方法、POPとIMAPってどう違うの?

※画面はINTERQのメール転送サービス設定画面

メールを使い分けて快適に!

POPとIMAPの違いを理解していただけたでしょうか。最近ではその便利さから、プライベートだけではなく、仕事でもGmailを利用する人が多くなっています。安全面(セキュリティ)からGmailの利用を避ける方もいますが、主にプライベートでの使用であるならば、パソコン、スマホでも同じメールが確認できるGmailを利用するのがオススメです。 何より、プロパイダの変更をしてもメールアドレスは変わりませんし、スマホの機種変更をした場合でも、Gmailであれば手軽に設定ができます。 現在は短いやり取りはLINEがビジネスシーンでも主流になっていますが、長い文章や契約などに関することなどはまだまだメールを利用することになります。複数のメールアドレスを賢く使い分けたいですね。

関連記事

会社で使っているPOPメールを、Gmailで送受信する方法
Gmailをラベルで振り分けて、メール整理&作業効率をUPさせる
最近よく聞く「G suite」って何? 実は個人でも使えます

ピックアップ

KEN

主に、アニメ、アニソン、2.5次元舞台、ガジェット、パソコンについて執筆しています。

記事(1本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック