筆者は「ポケモン」と聞いても「ピカチュウ」しか知らない世代。「スーパーマリオ」や「ドラクエ」はやったけど......というオヤジ世代です。

されど、欧米で熱狂的なブームを巻き起こしているというニュースを見ると、やはり気になります。
配信開始日に、待ってました!とばかりにダウンロードしました。

筆者がいま使っているスマホは、発売されたばかりのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」。SIMは、BIGLOBE SIMの音声通話SIM(ライトSプラン)を使っています。

Moto G4 Plusは5.5インチのフルHDディスプレイを搭載


SIMを2枚挿せる仕様なので、1枚を「ポケモンGO」用にするのもアリかも


アプリを起動し、いざ始めてみたものの、ルールはよくわかりません。

画面には、最低限の表示しか出ないんですね。でも、直感で操作していくうちに、画面上に表示される「ポケストップ」に近づくと、何やら役立ちそうな道具をゲットでき、ポケモンが登場すると、ボールをぶつけて捕獲できる。

そして捕獲したポケモンが図鑑に収録されるということはわかりました。

初期設定は、画面の案内に従って操作するだけで、あっという間に完了


最初に捕獲したポケモンは「ゼニガメ」


初日は、ひたすら歩いて、ポケモンを集めることに熱中。国民的なブームということもあり、ポケモンGOの情報はあちこちから入ってきます。翌日には、捕獲したポケモンを進化させたり、タマゴを孵化させたりする方法も覚えました。「AR」をオフにしたほうが、ボールをポケモンに当てやすいということも、ネットを検索して知りました。

3日ほど遊んで、集めたポケモンは37種類、トレーナーレベルは10に達しました。まだまだ序の口らしいです(笑)。

花びらがヒラヒラしているポケストップを見たら、近寄らずにいられなくなりました


真夜中の公園にもトレーナーがウヨウヨ(笑)


3日間で捕まえたポケモンは37種。まだまだ先は長そうです

「ポケモンGO」は、移動しながら遊ぶゲーム。気になるのはモバイルデータの通信量です。「通信量・通信速度モニター」というアプリを使って計測してみたところ、1時間あたりのデータ使用量は7〜10MB程度でした。

もちろん、プレイの仕方によってデータ使用量は変動するのでしょうが、ポケストップが近くにないときは画面をオフにし、ポケストップに近づいたときだけ画面をオンにするという標準的な遊び方であれば、1時間10MB以下に収まりそうです。

1日に3時間程度プレイするとして、30MB×30日=900MB。思っていたほどデータは使わない印象です。

アプリごとのデータ通信量を計測できる「通信量・通信速度モニター


筆者は6GBのプランを契約していますが、毎月1GB以上は使い切れず、翌月に繰り越しているので、「ポケモンGO」を始めても、現状のプランで十分足りそうです。ですが、今後は、ジムでのバトルなど、プレイ内容も広がっていくようです。
存分に遊びたい人は、10GB以上の大容量プランを利用するのが得策かもしれません。

よくわからないままに、チームは赤にしました


注意しなければならないのはバッテリー。
ポケモンGO」を始めると画面をオンにする時間が長くなることに加え、GPSやジャイロセンサーも使うので、消費電力はかなり増えます。

「Moto G4 Plus」は3000mAhの大容量バッテリーを搭載していて、標準的な使い方であれば1〜2日は余裕で持ちますが、「ポケモンGO」を始めてからは、夜には残量がピンチになり、毎日の充電が必要になりました。

このまま飽きずにプレイを続けるのなら、モバイルバッテリーを持ち歩いたほうがいいかなぁ〜なんて感じています。たぶん、まだまだ飽きそうにないので(笑)。

皆さんもぜひ格安SIMで「ポケモンGO」を楽しんでみてください!


BIGLOBEスマホ「Moto G4 Plus」とは

画面での動作を時間短縮。驚きのサクサク操作

大容量3GBの内蔵メモリを搭載しているため、画像やサイトをサクサク表示でき、より快適に操作できます。シンプルな画面に加え、時間のかかるアプリのダウンロードや起動も、キビキビ動作。さらにAndroid7.0までのアップデートが保証されています。

指紋認証センサーで安心。ワンタッチでロック解除

指紋センサーに指をポンと置いた瞬間にロックを解除でき、めんどうなパスワード入力が不要です。スマートフォンを起動するためのパスワード忘れや、盗まれたときのリスクも軽減されます。

BIGLOBEスマホ初のデュアルSIMで3G/LTEを同時待ち受け

SIMスロットを2つ搭載しているので、1台でプライベート用、会社用などの異なる電話番号を同時に待受けすることができます。ご利用用途にあわせたお得な使い方が可能です。
※LTE2つでの同時利用はできません。3G/LTEの組み合わせでの利用は可能です。

スペックの詳細、お求めはこちらから

ピックアップ

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。

記事(39本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック