電卓を使った後に電話を使う、あるいは電話を使った後に電卓を使うと、数字の並び順がちょうど反対・・・? 実はこれ、理由があるんです。

電話の数字の並び方って?

電話と電卓で、数字キーの並びが違うのはナゼ?

まず、電話の数字配列を、改めて見てみましょう。スマホでもガラケーでも、固定電話でも左上から横に1、2、3と3つの数字が並んでいますよね。2段目には4、5、6、3段目には7、8、9と続き、一番下の段には「*」、0、「#」の順に並んでいます。

現在のプッシュホン形式の配列は、最も使い勝手のよい配列を何パターンも検討した結果、決定されました。それまではプッシュホンではなく、固定電話を上から見下ろしながらダイヤルを回す操作が普通だったため、最も目線がいきやすい位置に1が来たという説もあります。

その後、ITU-T(国際電気通信連合の電気通信標準化部門)によって、配列が国際的に統一化されたという流れがありました。

電卓の数字の並び方って?

電話と電卓で、数字キーの並びが違うのはナゼ?

次に、電卓の数字配列を、改めて見てみましょう。電卓は左下から横にに0があり、ものによってその右に「00」「・」「=」などが並んでいますね。そして下から2段目には1、2、3、3段目には4、5、6、最上段には7、8、9の順に並んでいます。

電卓は計算に使用するため、操作する際に一番よく使う数字は0です。さらに、ボタンを押すときに、右手の人差し指を使う人が多いでしょう。それらの理由から、0を電卓を操作する指に最も近い位置に配置し、それに続く数字を下から順に並べているのです。

実はこの電卓の数字配列は、昔から統一されていたわけではありませんでした。カシオが最初に作った「14-A型」は現在の並び方と同じでしたが、その6年後にイギリスで作られた完全電子式の卓上計算機は各桁ごとにボタンが縦に10個並ぶ方式でした。

電話と電卓で、数字キーの並びが違うのはナゼ?


ところが、現在の並び方のほうが使いやすいと感じる人が増え、縦並びタイプの電卓は次第に廃れていったのだとか。いまではISO(国際標準化機構)によって、配列は決められています。

いつの時代も使いやすいものが自然と残るーーそんなことを感じさせてくれるユニークな豆知識でした。皆さんも「ナゼ?」と感じる疑問があれば、エンジョイマガジン編集部に教えてくださいね!

ピックアップ

池田園子(いけだ そのこ)

86年生まれのフリーライター。楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。10以上の媒体に執筆中。恋愛やWeb、スマホ、会社、ガジェットネタ、広告案件などを手がける。著書に『フリーランスで食っていきたい!』がある。Sonoko Blog

記事(63本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック