スマホでウェブサイトを見ていて、「この記事はあとでじっくり読みたい」と思うことがありませんか?

そんなときに便利なのが「Pocket」というアプリです。

まずはアプリの準備を!

Pocket」は、ウェブページを保存できるブックマークアプリです。ニュースサイトの記事はもちろん、ウェブ上にアップされた動画や画像などを保存しておくことも可能です。

アプリをダウンロードして起動したら、アカウントを取得しましょう。

圏外でもOK!「あとで読む」を可能にするアプリ「Pocket」がオススメ

Googleアカウントを利用するのが一番楽チンですが、メールアドレスと任意のパスワードを登録して作成することも可能です。これで準備はOK!

iPhoneで記事を保存する方法

「Safari」で保存したいウェブページを開き、画面下部の共有ボタンをタップ。
共有メニューが表示されたら、2段目を左にスワイプし、「その他」をタップします。

圏外でもOK!「あとで読む」を可能にするアプリ「Pocket」がオススメ

「アクティビティ」の一覧が表示されたら、「Pocket」をオンにして、「完了」をタップ。これで共有メニューにPocketが表示されました。

圏外でもOK!「あとで読む」を可能にするアプリ「Pocket」がオススメ

その後は、記事を保存したいときに、この「Pocket」ボタンを押すだけです。

圏外でもOK!「あとで読む」を可能にするアプリ「Pocket」がオススメ

記事を保存する際に荷札のアイコンをタップすると、"タグ"を付けられます。タグを付ければあとから記事を検索しやすくなるので、わかりやすいタグを付けておくといいでしょう。複数のタグを付けることも可能です。

Androidで記事を保存する方法

圏外でもOK!「あとで読む」を可能にするアプリ「Pocket」がオススメ

Androidでは、ブラウザアプリで保存したいページを開き、メニューを表示。
あとは「ページを共有」などの共有機能を選択し、「+Pocket」をタップするだけです。

圏外でもOK!「あとで読む」を可能にするアプリ「Pocket」がオススメ

保存した記事の一覧がトップページの表示されます。

ダウンロードした記事は圏外でも読める!

「Pocket」の初期設定では、スマホでの表示に最適な「ベストビュー」を開く機能がオンになっています。

圏外でもOK!「あとで読む」を可能にするアプリ「Pocket」がオススメ

そのほか、画像とテキストのみを保存する「記事ビュー」と、ブラウザで閲覧した状態のままで保存する「ウェブビュー」が選択可能です。画面左上のメニューを開き、「設定」を選択すると、これらの設定が行えます。記事ビューで読み込んだ記事を、あとからブラウザアプリで表示することもできます。

圏外でもOK!「あとで読む」を可能にするアプリ「Pocket」がオススメ

「ベストビューをダウンロード」をオンにしておけば、一度ダウンロードした記事は圏外でも読めるので便利です。
ダウンロードするには、記事の保存後に「Pocket」を起動する必要があります。

また、「Pocket」はパソコンサイト(https://getpocket.com/)でも閲覧できます。スマホとパソコン、両方で同じウェブページをチェックできるのがいいですね。気になるウェブページをストックして、自分だけのスクラップブック感覚で活用してみましょう!

ピックアップ

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。

記事(64本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック