よく使うソフトはタスクバーから起動すべし!Windows 8.1で「ピン留め」する方法

よく使うソフトやフォルダをタスクバーに「ピン留め」しておけば、いちいちデスクトップから探す手間が省けて、作業効率が上がることまちがいなし!

「ピン留め」とは、タスクバーにソフト(デスクトップ アプリ)のアイコンを表示させる機能です。
他のファイルを開いている最中でも、タスクバーからソフトやフォルダーを簡単に開くことができるので、マルチタスクで作業をするときに便利です。

ソフトのアイコンをピン留めする

目的のソフトやフォルダーのアイコンをタスクバーにドラッグするだけで、簡単にピン留めできます。

1. ソフトをタスクバーまでドラッグする

ピン留めしたいソフトのアイコンをクリックして選択します。
ここでは、Wordをピン留めします。

選択したままタスクバーまでドラッグしてクリックを離します。

2. ソフトのアイコンがピン留めされる

ソフトがタスクバーに追加されます。
これで今後はタスクバーからWordを開けるようになりました。

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

あなたにオススメ
Recommends