スマホの写真から自宅がバレるかも!位置情報を削除するには

スマホで気軽に撮影、そしてSNSに投稿。よくある流れですが、その写真には位置情報が残されているかもしれません。今回は、スマホの写真に位置情報を残さない方法をご紹介します。

スマホの写真には位置情報が記録されているのをご存知ですか?
もし、知らずにブログやSNSに投稿しているのなら、第三者に居場所を特定されるかも。ストーカー被害にまで発展してしまう可能性もあります。では、スマホの写真に位置情報を残さないためにはどうすればいいのでしょうか。

写真から位置情報がバレるかも

写真の記録には「Exif(エグジフ/Exchangeable image file format)」と呼ばれるデータフォーマットが使用されています。そして、実はこのExifには画像以外にも、様々なデータが記録されているのです。
例えば、メーカー、機種、解像度、シャッタースピード、ISO感度、露出度、撮影日……そして「位置情報」。つまり、写真にはいつ、どこで撮影されたものなのかまで記録されているわけです。
なお、Exifの情報はフリーソフトやアプリを使えば閲覧は難しくありません。そのため、ブログに自宅やその近所の写真を投稿したら、悪意ある第三者によって自宅を特定される危険性があります。

写真の位置データを削除する方法

写真を投稿しただけで、居場所を特定される危険がある。なんとも恐ろしい話です。では、写真から位置バレしないためにはどうすればいいのでしょうか。

撮影後はExifの情報を編集する

すでに撮影してしまっている画像であれば、Exifを閲覧できるフリーソフトやアプリを使うことで後からでも削除できます。例えば、iPhoneの「Power Exif-写真情報ビューア」やAndroidの「Exif消しゴム」というアプリでExifの閲覧や編集が可能です。
▼「Power Exif-写真情報ビューア」(iPhone)のダウンロードはコチラから
▼「Exif消しゴム」(Android)のダウンロードはコチラから

撮影前は位置情報を「オフ」にする

撮影前なのであれば、スマホの設定からカメラの位置情報を「オフ」にすれば、Exifに位置情報が記録されるのを防げます。例えば、iPhoneでは以下の手順です。
ホーム画面から「設定」を開く

「プライバシー」を開く

「位置情報サービス」を開く

「カメラ」を開く

「なし」を選択する
位置情報サービス自体は様々なアプリに必要な機能なので、基本的には「オン」に。位置情報を取得されたくないアプリだけ「オフ」にしておきましょう。
※スマホ以外のカメラにも位置情報は記録されるので、そちらの位置情報を「オフ」にしたい場合は各メーカーの説明書から確認してください。

SNSは画像の位置情報が削除される

FacebookやInstagram、Twitterなど主要なSNSは、システムにより写真が投稿される際に位置情報が自動で削除されるようになっています。ですので、これらSNSに投稿される写真に関してはExifは気にしなくても大丈夫です。

ただし、SNSそのものは位置情報を取得しています。最適な広告や同じエリアの投稿などを表示させるのに使用されているのですが、こちらの位置情報も「オフ」にしたいのなら、先ほどと同じ手順で対象のSNSを選択すれば設定できます。

写っているものから位置がバレることも

ここまでご紹介してきたように、Exifに記録されている情報に関しては、フリーソフトやアプリから情報を閲覧、削除したり、スマホの設定から位置情報の取得そのものを「オフ」にしたりできます。
しかし、Exifの位置情報を「オフ」にしたとしても、ブログやSNSに安易に写真を投稿してしまうのはおすすめしません。なぜなら、写真に写っている「もの」から撮影場所が特定される可能性があるためです。

例えば、マンホールや電柱。マンホールには固有番号が振られていますし、電柱にも電柱番号が記入されており、それら番号から場所が特定できるのです。

また、特徴的なデザイン、表記の標識やガードレール。さらに、個人経営の店名、店内に貼ってある独特なメニュー表から現在地が特定される可能性もあります。
このように挙げはじめるとキリがないわけです。ブログやSNSに画像を投稿される際には、少なくともマンホールや電柱などが不意に映らないようにしましょう。

投稿の前には一旦停止!大丈夫か確認しよう

誰しもスマホを所有し、気軽にSNSに写真を投稿できる今日。世間に自分の何気ない日常を公表させるハードルはグッと下がっているように思います。
だからこそ、写真を投稿してしまう前には一旦停止!写真に位置情報が残っていないか、写っているものから居場所がバレないのか、を確認しましょう。
いつ、どこで悪意ある第三者があなたを狙っているか分からないからこそ、自分の身は自分で守る、その意識を持ってスマホを楽しく活用してくださいね。

関連記事

情報漏えい対策としてメールアドレスを使い分けてみませんか?
小学生にスマホはアリ?メリット・デメリットを比較してみた
スマホでの失礼行為に注意!あなたも知らずにやってるかも

堀本一徳

世界24カ国を旅した自由人。現在はライター兼カメラマン兼ウェブデザイナーとして活動中。得意分野はIT(情報系学科出身)、旅行、教育(教員免許あり)

あなたにオススメ
Recommends