平成生まれには通じないパソコンあるある

この十数年の間に、驚くほどの変貌を遂げたパソコン&インターネットの世界。

ふとした瞬間に、昔使っていたモノや昔の思い出が話題に上り、「あったあった!」と盛り上がってしまうこと、ありませんか?

今回は、エンジョイ!マガジン読者の皆さんともそんな楽しさを共有すべく(笑)、あるあるネタを並べていこうと思います!

1.インターネットに接続するのは23時以降にしていた。

90年代は、インターネットに繋いだ分だけ料金がかかる従量課金制が主流でした
そんな中、NTT東日本が23時から朝8時まで一定料金でつなぎ放題の「テレホーダイ」をスタート。

皆その時間からつなぎ始めるものだから、回線が重い重い!
つないだときの「ピィィィィィィーーゴォォォォォォ」という音も懐かしいですね。

2.インターネットを使っていたら親に「電話ができない」と怒られた

通話するのもネットに繋ぐのも、家の電話の一つのアナログ回線で行なっていた時代。
そもそも、携帯電話も普及していませんでしたよね。

3.「ICQ」でチャットしていた

流行りました。今思えば、なぜあんなに頻繁にチャットしていて仕事が進んだのか。なぜ「ICQ疲れ」にならなかったのか。それが若さというものなのか。
ちなみにエンマガ編集部若手スタッフに「全然知りません」と言われ、世代の壁を感じました・・・。

4.大きめのデータ保存には「MO」を使っていた

テキストデータなど軽めのデータはフロッピーディスクに保存、
重いデータはMOに保存、という時代がありました。

ちなみにMOってMagneto-Optical disk(光磁気ディスク)の略なんですね!

5.「ディスケット」という言葉を知っている

フロッピーディスクは、IBMが開発した1971年当初は「ディスケット」という名称でした。
その後、俗称の「フロッピーディスク」の方が広く使われるようになったのだそうです。

・・・昔勤めていた会社の社長が「ディスケット」と言っていたのは、そういうことだったのか!(納得)

3.5インチの規格が主流でしたが、5インチや8インチもありましたね。

6.パソコン通信のチャットのおかげでタイピングが速くなった

会話がどんどん下に流れていくので、追いつくためには速く入力するしかない!(イメージとしては、Twitterのタイムラインが超高速で下に流れる感じです)
というわけで、気が付けばタッチタイピングもできるようになっていました。

ちなみに、ワタシが使っていたパソコン通信サービスは「People」でした。

7.ポストペットにハマった

ソネットエンタテインメント株式会社が販売していた、ピンクのクマたちがメールを運んでくれるソフトが一世を風靡(ふうび)しました。

ワタシはポストペットを使って行うメーリングリストに参加していたのですが、メールが20通も届くと、ペットたちが部屋にどんどん入ってきて大変なことになりました。

8.Habboホテルにも手を出した

アバターチャットおよび3Dチャットの走り、と言っていいのでしょうか。
フィンランドで生まれたサービスだけに、日本のアバターチャットのなごみ感とは違う独特の空気がありました。日本でのサービスは終了しましたが、改めて今やってみたいかも。

ちなみに編集部すずき氏は、ソネットエンタテインメント株式会社がかつて運営していた「PAW」という3Dチャットサービスにハマっていたそうです!

9.BASIC(ベーシック)」の本が家にあった

パソコンを学ぶ人は、もれなくBASICを学んでいた、という時代がありました。わけもわからず本を眺めていた時代を思い出します・・・。

10.すがやみつるの本が家にあった

『ゲームセンターあらし』でおなじみの漫画家、すがやみつる氏
氏が描くパソコン教則漫画『こんにちはマイコン』は、パソコンのパの字も分からない子供にもなじみやすく、ありがたい本でした。
実は、小学館漫画賞を受賞していたんですね!

11.パソコン雑誌でアクセスポイント一覧をチェックしていた

昔のパソコン雑誌には、必ずアクセスポイント一覧が載っていました。
ワタシはあまり見ていなかったのですが、編集部すずき氏の地域はなかなかISDN回線が新設されなかったため毎号チェックしていたそうです(笑)。


・・・と、比較的最近のネタから、「いつの話だよ」と言われそうなネタまでごった煮でお届けしましたが(笑)、いかがでしたでしょうか?

「他にもあるぞー!」という方、ぜひエンマガTwitterアカウント(@enjoymag)までお知らせくださいね!

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック