ノートPCの音がうるさいときの対処法を解説!

ノートパソコンから異音がすることがあります。あまりいい予兆ではありません。異音がする時、パソコンの内部でなにが起きているのでしょう、その対処方法は?

長年使い続けていると、「ブーン……」とか「カリカリ……」とか、ノートパソコンからおかしな音が聞こえてくることがあります。あまりいい予兆ではありません。
異常な音が出るとき、ノートパソコンの内部ではどのようなことが起きているのでしょうか。
大きく分けると、原因は二つあります。それぞれ対処法をみていきましょう。

「カリカリ」とハードディスクの異音がする

ひとつめは、ハードディスクがおかしくなってきたときの「カリカリ」という異音です。ハードディスクは磁気を塗ったディスクを高速回転させ、磁気ヘッドを近づけてデータを読み書きする装置。いずれ寿命がきます。
ノートパソコンを使うたびにハードディスクのアクセスランプが光り、カリカリという音がし始めたら、ディスクが壊れる前兆と思ったほうがいいでしょう。
すぐにデータのバックアップを取り、修理に出したり、(保障期限内であれば)交換したり、買い換えなどを検討すべきです。データを失ってしまっては元も子もありません。
ただ、最近のノートパソコンはハードティスクよりも高速で安全性の高いSSDを採用している場合が多いので、この心配はなくなりつつあるといっていいでしょう。

ファンの異音がする

ふたつめは、ファンの音です。ノートパソコンの大敵は熱です。
長時間使い続けたり、負荷の高い作業を行うと、CPUが熱を持って筐体内の温度が上がります。すると、ファンが回り出し、異音がするのです。
ファンの音を消す、または小さくする対処法は熱を下げること。ソフト的な対処とハード的な対処があります。
まずはハードウェア的な対処から。

排気口を掃除をする

電源や冷却ファンの排気口にホコリがたまると、異音がしたり、パソコン内の熱が外に逃げにくくなって故障の原因にもなります。パソコンの排気口のホコリを掃除機で取り除いてみましょう。
それでも異音が小さくならない場合は、ファンそのものがホコリを被っている可能性もあります。パソコンのクリーニング専門業者に相談してみましょう。

冷却台を使う

熱を下げるには、クーラーをつけて部屋の温度を下げてみるのもいいでしょう。
もうすこしスマートな手段としては、冷却台と呼ばれる製品(数千円程度)を購入し、ノートパソコンの下に敷くと本体の熱が下がります。いますぐ熱を下げたいなら、ノートパソコンの下にフライパンを置いてみるという手もあります。熱伝導性が高いため、一瞬で温度が下がります。
また、ファンの外側につける吸引式冷却ファンという商品もあります。

余計なアプリケーションを閉じる

ソフトウェア的な対処としては、まずたくさんアプリケーションを立ち上げすぎていないかどうかをチェックすること。
CPUの負荷を調べるためには、Windowsなら「タスクマネージャー」(ショートカットはCtrl+Shift+Esc)を立ち上げます。

Macの場合は「アクティビティモニタ」です。これらのツールでどのアプリケーションがCPUに負荷をかけているかがわかります。

▲Windowsの場合は、Ctrl+Shift+Escで「タスクマネージャー」を起動する

▲Macの場合は、Finderを起動し「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「アクティビティモニタ」

特に注意すべきはブラウザ。タブをたくさん開きすぎていないかチェックしましょう。
現在どうしても必要なもの以外、すべてのアプリケーションを終了してしまいましょう。

電源モード(プラン)を変更する

ノートパソコンによっては、電源モード(プラン)を変更できます。CPUの速度を下げることをクロックダウンと呼びますが、省電力モードなどを使うことで、このクロックダウンが可能です。パソコンの動作速度は遅くなりますが、自然と温度も下がります。

ただし、採用しているCPUとOSのバージョンによって違ってくるため、どの機種でも使える方法ではありません。
Windowsの場合、タスクバーの「バッテリー」アイコンを選択し、スライダーをドラッグして、調節します。

▲スライダーを「最大のバッテリー残量状態」に近づける
MacBookの場合はファンレスであるため、CPUの過熱保護として、ある程度の温度になるとロックダウンをして発熱を抑える機能があらかじめ搭載されています。

ノートパソコンから異音が聞こえてきたときは、ハードウェア上のなんらかの異変か、CPUが加熱しています。はやめに対処して、パソコンがダメージを受けないようにしましょう。

あなたにオススメ

深川岳志

1960年、兵庫県生まれ。大学時代はSF大会(Daicon3、4)の運営にのめり込む。卒業後、編プロを経てITライターに。ショートショートを書くのが趣味。note:https://note.com/fukagawa