Cドライブはなぜ「C」なの?AやBはどこ行っちゃったの?

パソコンには「Cドライブ」というのがありますが、「A」や「B」が見当たらない!彼らの行方を追ってみました。

Windowsパソコン上で、写真や音楽などのデータ保存場所は、通常「Cドライブ」が割り当てられていますが、これってよく考えてみると不自然に思いませんか?
最近のパソコンで言うと、「C」や「D」はあるのに、「A」や「B」はどこに行っちゃったの? と。
というわけで、今回は「A」と「B」の行方を追ってみました。

その昔、「A」がスタメンだった

Windowsが登場するよりも前、パソコンのOSはDOS(ディスク・オペレーション・システム)と呼ばれ、フロッピーを差し込んで起動する、というものでした。
つまり、パソコンを使うためには、「フロッピーディスクドライブ」が必要だったのです。
このドライブこそ、「Aドライブ」と「Bドライブ」。
Aドライブ」には、パソコンを起動するためのディスクを、「Bドライブ」には、アプリケーションやソフトウェアの起動ディスクをそれぞれ挿入していました。
ハードディスクというものがまだまだ高価で一般的ではなかったため、OSもソフトウェアもフロッピーディスクで動かしていたのです。

お役御免となった「A」と「B」

その後、ハードディスクが手ごろな値段となりパソコンに搭載されるようになります。
すでに「A」と「B」はフロッピーディスクドライブで埋まっているため、ハードディスクの割り当て先は、自然と「Cドライブ」となりました。
そして、CDやDVDなどの登場でフロッピーディスクの需要は激減。それにともなって、パソコン本体からフロッピーディスクドライブも消えていきます。
結果、「A」と「B」は現在でもフロッピーディスクドライブに優先予約されたまま。
言ってみれば”永久欠番”の状態となっているのです。
以上が「CドライブがCである理由」でした!

あなたにオススメ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。